鍼灸の歴史

・鍼灸医学の起源

今から二千年以上前の古代中国で、鍼灸医学は生まれました。戦国時代の文献には、鍼やモグサを用いた治療(灸)が見られ、また、紀元前2世紀頃の文献では身体を流れる気の経脈に関する記述があります。それから漢代に入ると、現在の東洋医学の理論の基礎であり、バイブルでもある『黄帝内経』が編纂されました。この「黄帝」というのは、古代中国における医薬をつかさどる伝説上の皇帝のことを示しています。

 

・鍼灸の日本への伝来

日本へ伝来したのは正式には6世紀とされています。平安時代から鎌倉時代に至る頃には民間では灸治が盛んになってきました。灸治とは、灸をすえて病や傷を治療することです。安土・桃山時代には、金・銀の鍼を木槌で叩いて打ち込む打鍼術(だしんじゅつ)が誕生しました。この打鍼術が鍼の日本独自の始まりであり、また、後に杉山和一(すぎやまわいち)により発案された管鍼法の先駆けとなっています。そして、江戸時代になり、現在日本で主流の鍼を管に入れて操作する「管鍼法」(かんしんほう)が、盲人の鍼師であった杉山和一によって作られました。

この管鍼法は、杉山和一が刺鍼術(ししんじゅつ)を習得しようとしたが上達せず、山瀬琢一(鍼術の師)に破門を言い渡され実家に帰る途中、江ノ島で偶然石につまずいて転び、その時、竹筒に入った松葉が痛みもなく足に刺さったという偶然から生まれたものでした。明治時代になると、本格的に鍼灸が広がっていきました。西洋医学が導入されたため日本の伝統医学は非正統医学とされ、鍼灸は主として視覚障害者を対象にした営業資格となりました。その中でも民間療法として鍼灸治療は広く普及しました。

・現代の日本鍼灸

さきほども述べました『黄帝内経』系の古典的なものや、現代中医学の影響を受けた現代中医学的、現代医学がベースになっている現代医学的なものなど、様々な鍼灸が併存しています。鍼灸は様々な症状に有効とされていますが、不妊治療にも有効とされています。

当院は、東京にあり不妊専門となっています。代々木上原駅から徒歩15秒と非常にアクセスが便利です。かつ、東洋医学的立場から流産原因を探り、流産の予防へのアプローチも行っておりますので、不育症・習慣性流産などでお悩みの方は、ぜひ不妊専門の当院にご来院ください。また、新宿、代々木上原近辺の不妊でお困りの方も、当院にお気軽にご相談ください。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
診療時間
月火水金 10:00〜13:00
  16:00〜20:30
   土 10:00〜13:00
  16:00〜18:00
   日 10:00〜17:00
休診日
木曜日・祝日
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

系列院高崎分院

ページ先頭へ