不妊治療について

女性の社会進出、晩婚化などの影響により、不妊に悩む方は増え続けています。 同時に、不妊治療を検討されている方も増加しています。また、不妊症の原因は、女性だけでなく男性に原因があることも多いことは、今や常識となりました。 不妊治療には様々なステップがあります。一般的に行われている不妊治療について紹介します

 

不妊治療の種類

・タイミング療法

排卵の時期を予測して、性行為をもつことをタイミング法といいます。基本的には、基礎体温を測りながら排卵日を予測しますが、より正確に排卵時期を特定するため、排卵検査薬を使用することも効果的です。また、クリニックに通院しながら、医師に卵胞の大きさをチェックしてもらい、医師の指導のもとに性行為を行うことができれば、これが最も正確なタイミング法ということができます。

・排卵誘発法

不妊の原因が排卵障害である際に行われる療法です。排卵がスムーズに行われない、排卵しないという際は、内服薬や注射などで排卵を起こさせます。 排卵障害を起こしやすく、不妊の原因となりやすい代表的な疾患に多嚢胞性卵巣症候群がありますが、クロミッドやフェマーラなどの内服薬が著効するケースは少なくありません。

・人工授精

精子をチューブのような注入器具で直接子宮内に送り込む方法です。 フーナーテスト不良、タイミング法を続けても妊娠しない、精液所見が不良、何らかの理由により性交が困難な場合などに行われます。

・体外受精(胚移植)

採取した卵子と精子を受精させ、培養します。その受精卵をさらに培養し、分裂が始まった状態(胚)になったら子宮内に戻します。精子と卵子を確実に出会わせることができるため、多くのっ不妊原因に有効な方法だと言われています。また、より受精を確実にするために、卵子の細胞質内に直接精子を入れる顕微授精という方法もポピュラーになっています。

・不妊治療の成功率を高めるには

不妊治療は本当に難しい治療です。どの治療を行うことが正解かは結果論でしかわかりません。タイミング法を続けることで妊娠すれば、その方にとってタイミング法が正解だった、ということになりますし、すぐに体外受精にステップアップして妊娠すれば、その方にとって体外受精が正解だった、いうことになります。 不妊治療の成功率を高めるためには、身体のバランスを整えることが大切だと考えます。 鍼灸で、東洋医学的な不妊原因にアプローチすることは、西洋医学でどのステップの不妊治療を行っていても、成功率を底上げすることが期待できます。

東京都内にある当院は、不妊症専門鍼灸院です。新宿、渋谷、六本木などからも近い場所にあります。代々木上原駅から徒歩15秒と便利なアクセスとなっております。院内は患者様がリラックスして施術を受けられるような空間づくりをしておりますので、お気軽に来院ください。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
診療時間
月火水金 10:00〜13:00
  16:00〜20:30
   土 10:00〜13:00
  16:00〜18:00
   日 10:00〜17:00
休診日
木曜日・祝日
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

系列院高崎分院

ページ先頭へ