• ホーム
  • >生理痛の症状と原因について

生理痛の症状と原因について

女性の体は、とてもデリケートなものです。ストレスや生活リズムが変わることによって、ホルモンバランスが乱れ体調を崩すこともあります。特に、ストレスによって生理痛や生理不順でお悩みの方も少なくないでしょう。安易に考えてしまう方もいらっしゃいますが、自分の体は大切にしなければいけません。

こちらでは、生理痛の症状と原因についてご紹介いたします。

 

生理痛による様々な症状

生理痛の程度や症状には個人差がありますが、生理が始まって2日目〜3日目に症状がひどい方が多く、頭痛や腹痛、腰痛、吐き気、食欲不振、だるさ、めまい、胃痛などの症状に悩まされます。また、憂鬱感や怒りっぽくなるといった精神的症状もあり、会社や学校を休んでしまうほど状態がひどい方もいます。

生理痛の原因とは?

・子宮が未熟な状態

若い女性は子宮が未熟な状態であり子宮口が狭いため、生理の血液をスムーズに子宮の外へ排出することができません。そのため、子宮を強く収縮して血液を押し出そうとするので痛みを感じるのです。

・プロスタグランジンの分泌量

生理痛の症状として表れる腰痛や肩こり、頭痛、吐き気などもこのホルモンが原因と考えられています。プロスタグランジンの働きは、生理をスムーズに行えるように体を刺激することです。このホルモンの量が多すぎると子宮の収縮が強まり、生理痛といわれている痛みを引き起こすのです。


生理痛の症状や原因にはこのような内容が挙げられます。体の冷えや過度のストレスは生理痛の悪化や無月経・生理不順を引き起こす可能性があります。生理は赤ちゃんを授かる時にも関係してきます。あまりにも症状がひどい場合は、不妊専門の施設をご利用することをおすすめします。

東京にある当院では、鍼灸施術を提供しております。表参道や新宿などからもアクセスしやすい代々木上原駅から徒歩15秒の場所にございます。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
診療時間
月火水金 10:00〜13:00
  16:00〜20:30
   土 10:00〜13:00
  16:00〜18:00
   日 10:00〜17:00
休診日
木曜日・祝日
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

系列院高崎分院

ページ先頭へ