よくあるご質問

東洋医学って本当に効果あるのですか?
現在の日本では西洋医学が医療の中心ですが、明治時代までは鍼灸・漢方などの東洋医学が医療の主役でした。つまり鍼灸にも東洋医学の理論のもとに、様々な病気や症状を治療してきた長い長い歴史があるのです。
西洋医学が日本の医療の主役になったのは明治維新以後です。開国した日本が文明の遅れを取り戻すために西洋化をすすめたことに加え、戦による負傷者への処置や伝染病の予防などに目覚ましい効果をあげる西洋医学が富国強兵策を推進する日本に合致したことも相まって、西洋医学“のみ”が日本の正統医学と決定されました。東洋医学がないがしろにされたのはこういった時代背景も大きかったのです。
では、それまで日本の医療を支えてきたはずの東洋医学はただの迷信にすぎなかったのでしょうか。そんなはずはありません。東洋医学に基づいた鍼灸治療はあらゆるものに効果をあげる治療法であると日々の臨床で確信しています。
鍼は痛いですか?
当院で用いる鍼は直径0.2mm前後で髪の毛ほどの太さです。ほとんど痛みは伴いません。また、美容鍼でお顔に使用する鍼はさらに細いものですのでご安心ください。
お灸は熱いですか?
当院で行う灸治療は「灸点紙(きゅうてんし)」というシールの上から米粒程度の大きさのお灸をすえていきますので我慢できないほどの熱さにはなりません。また、火傷ができてしまう心配もありません。
鍼で感染はしませんか?
当院で用いる鍼はすべて滅菌済みの日本社製ディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)です。複数の患者様に同じ鍼を使うことはありませんのでご安心ください。
生理中に鍼灸治療は受けられますか?
まったく問題ありません。生理痛がある方には非常に有効です。また、卵胞の発育が進む時期ですので妊娠を臨まれている方にも有用であると考えます。
妊娠中に鍼灸治療は受けられますか?
つわりや腰痛など、妊娠中の不調にも鍼灸治療は非常に有効です。逆子のご相談も受けつけております。
どのくらいの頻度で通えばいいのですか?
同じ病気や症状であったとしても、一人ひとりによってお身体の状態は違いますので一概には言えませんが、多くの方には週に一度のペースでの治療を勧めております。
鍼パルス(電気鍼)はやってもらえますか?
当院ではパルスを用いた治療は行っておりません。
どんな服装で行けばいいですか?
お着替えはこちらで用意しております。
健康保険は使えますか?
保険診療は行っておりません。
クレジットカードは使えますか?
VISA、MASTER、JCBはご利用可能です。

その他、疑問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 10:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 11:00〜17:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
年中無休
※GW・お盆・年末年始を除く
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ