BLOG院長ブログ

陰性のときはやっていなかったこと。

20ba5952b657f81fde5e0b0d91cd9e1b_s
昨日いらっしゃった38歳の患者さん。

先月末に良好なグレードの胚盤胞を移植をし、

その一週間後の判定日を月初に迎えてから

当院にいらっしゃるのは昨日が初めてでした。

胚盤胞移植一週間後は、妊娠週数でいうと

3週5日

です。

この時期のhCGは50くらいは欲しいところ。

ドキドキしながらも

判定日の結果を伺うと

hCGは100を超えて陽性だった

とのことでした。

これから胎嚢確認、心拍確認、安定期まで、

まだまだ安心できませんが、

とりあえずこの時点では申し分のない結果に

ひとまずホッとしました。

実はこの方、

年明けにも胚盤胞移植をしていて、

その時は陰性でした。

この時移植した胚盤胞も

クリニックからの評価は非常に良いものでした。

僕は正直、

この時の移植でいけると思っていたので、

この方と共に

大きくガックリしてしまったのですが、

前向きなこの方は

「何かを変えなくては」

とすぐに奮起し、

それまでやっていなかった

”あること”

に取り組み始めました。

それは、

 

僕がほとんどの初診患者さんにすすめていることです。

無料公式メールマガジンにご登録いただくと

それがなにかすぐにわかっていただけますので、

ご興味がある方はぜひ、

僕の公式メールマガジンにご登録ください。

 

完全無料です↓↓

 

國井正輝公式メールマガジン

https://kuniichiryouin.com/mmagazine/index.html

〒 151-0064
東京都渋谷区上原1-35-2 上原銀座ビル3F

受付時間(定休日:水曜日)
月〜金:11:00〜20:00
  土:10:00〜18:00
  日:11:00〜17:00
  祝:11:00〜17:00

ご予約