カテゴリ:不妊治療の薬

排卵済みになってしまわないか心配です

57a513521727dfe6071ae61d50bfe05e_s

 

昨日は九重親方(元・千代の富士)の訃報、

びっくりしましたね〜

 

僕は母方の実家で育ち、

幼少期からおじいちゃんとも一緒に

生活していたのですが、

おじいちゃん、相撲好きだったんです。

僕も幼い頃はつられて一緒にテレビで

相撲を観ていたのですが、

一番最初に好きになった力士が

千代の富士でした。

 

けして大きくない身体で、

大きな力士をバタバタ倒していく、

全っ然負けない横綱!

まだ小学校に上がる前の

記憶がおぼろげな頃なのに、

千代の富士が強くてかっこよかったのは

鮮明に覚えています。

 

テレビでしか観たことがない人であっても、

訃報は寂しいものですね。

 

 

話は変わりまして。

新宿の不妊専門クリニックにて、

クロミフェン周期で

体外にトライ中の患者さん。

クリニック帰りに当院に来院されて、

ちょっとした不安を相談されました。

「今日、卵胞の大きさが

21ミリもあったんですけど、

今日の夜に点鼻薬をして、

明後日採卵になりました。

排卵済みになってしまわないか心配です」

とのこと。

 

その日の採血結果を見せていただくと、

卵胞からでているホルモンである

E2

は十分に上がっていましたが、

脳からでているホルモンである

LH

が、まだ一桁台。

「LHがまだ上がってきてないから

多分大丈夫なんじゃないですかね〜」

とお話ししました。

 

排卵するときには、

LHが急上昇します。

というか、

急上昇したLHを卵胞が浴びることで、

排卵します。

このLHの急上昇を

LHサージ

と言います。

LHが一桁台ということは

まだLHサージが始まってないことが

示唆されます。

LHサージが始まると、

一般に1日半、

つまり36時間後くらいに

排卵すると言われています。

スプレキュアなどの点鼻薬は、

このLHサージ発動を誘発させるために

使用されます。

夜に点鼻薬をして、

翌々日の朝に採卵するというのは、

まさに

LHサージが始まってから34〜35時間後の

”排卵直前”

を狙って採卵しているということです。

排卵直前が最も成熟卵が採れる確率が上がる

と言われていますからね。

また、

自然なLHサージの発動は、

脳が上昇したE2を感受することにより

起こります。

 

クロミッドは

「排卵誘発剤」

ですが、

これはあくまでも卵胞を成長させるまでの話。

脳のE2感受を鈍らせる薬であるクロミッドは、

ある種、排卵抑制(LHサージ発動抑制)作用も

あると言えます。

このクリニックの治療パターンが

採卵近くまでクロミッドを服用し続ける

大きな理由の一つはここにあるのだと思います。

ブログトップへ

最新予約状況

代表あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のインタビュー

代表國井の不妊専門鍼灸ルーム「OfficeKunii」

患者様のデータ

料金のご案内

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

代表ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ