カテゴリ:不妊治療の方法

掻爬手術後は妊娠しやすくなりますか?

why-2028047_640

 

今日もご質問にお答えします。

 

お名前:匿名希望さん

ご質問内容:
結婚5年目40才専業主婦の者です。
自己流(基礎体温、排卵検査薬使用)にて2年以上タイミングをとり、不妊外来での検査では夫婦共特に問題なく、1年弱通った末3回目の人工授精で妊娠にいたりました。
胎芽胎児の大きさが1週程小さかったのが心配でしたが、11週の検診まで心拍もしっかりしていました。
ですが、16週に入ってすぐの検診で12週の大きさで心拍が止まっている事がわかり、近々掻爬手術をします。
安定期に入った時期に悲しい現実がわかり、とても辛いです。
病院からは手術後生理を2回見送って、妊活を再開して大丈夫との事でした。
ネット上では流産後(掻爬手術後)は妊娠しやすいとありますが、國井先生はどうお考えでしょうか。

 

以上です。

匿名希望さん、

ご質問ありがとうございました。

 

流産は経験されたことのある方にしか

わからないほど、

僕には察するに余りあるほど、

本当に本当に辛い出来事だと思います。

 

掻爬手術後に、

それ以前よりも

妊娠しやすくなるかどうかについては、

僕自身の感覚では正直なところよくわかりません。

 

ただ、

最近では体外受精の移植の際、

スクラッチング法

を扱うクリニックが徐々に増えつつあります。

これは凍結胚移植周期の前周期に、

子宮内膜に軽度の傷をつけると

着床率が上がるとされる、

移植の際のオプション的な方法です。

 

この方法が認められてきているということは、

やはり内膜に何かしらの刺激を加えたあとに

着床しやすくなる可能性はあると

言えるのかもしれませんし、

そういった意味では掻爬手術後には

着床しやすくなる側面があっても

不思議ではありません。

ブログトップへ

最新予約状況

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

院長ブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ