カテゴリ:不妊治療の方法

”ふりかけ”か”顕微”か

先日、

僕が担当する患者さんに

「採れた卵が1個だった場合、

ふりかけよりも顕微の方がいいですよね?」

と聞かれました。

 

ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s

 

これについての真の答えは、

当然結果論でしかわからないのですが、

以前、別の患者さん方から聞いたお話をシェアさせていただきました。

こちらでもシェアさせていただきます。

 

日本で一番有名な体外受精のクリニックでは、

採卵後に必ず培養士さんとお話しする機会を

与えられているのですが、

このクリニックに通う複数の患者さんから、

「培養士さんがこんな話をしていた」

と伺っていたお話です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《そのクリニックの培養士さんからのお話》

顕微授精にすれば受精率はふりかけと比べて

10%上がります。

ただし、胚盤胞到達率はふりかけの方が

顕微授精よりも10%高いです。

ですので、

一概にどちらがいいとは言うことができません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とのこと。

 

受精率は顕微の方がいいけど、

胚盤胞到達率はふりかけの方がいいと。

 

膨大な採卵周期数を誇るクリニックの

培養士さんが言うことなのだから

おそらくそうなのでしょう。

だからこそ、

複数の卵が採れた場合は

半々で顕微とふりかけをすることを

勧められるケースもありますね。

これをスプリットなんて呼んだりします。

ブログトップへ

最新予約状況

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

院長ブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ