カテゴリ:不妊治療の方法

卵管に異常があると胚盤胞移植になる理由

國井です。

だいぶまた期間が空いてしまい、
完全に秋になってしまいました。

cosmosDSC_5718

。。。というかもう冬間近ですね苦笑

5月に代々木八幡駅にOffice Kuniiを開けたり、
スタッフの大幅な入れ替えがあったりで
バタバタしていたのですが、
今日からまたボチボチ綴っていこうかと
思っています!

さて、
先日患者さんからこんな質問をされました。

「私は以前子宮外妊娠をしていて
卵管を片方切除する手術をしているのですが、
今通院しているクリニックのお医者さんに
それを話すと、
『ではあなたの場合は胚盤胞移植になります』
と言われました。
なんででしょうかね?」

この患者さんが通っているクリニックは、
不妊治療をされていれば
誰もが一度は聞いたことがあるであろう
日本で最も有名な
東京・西新宿にあるクリニックです。

このクリニックでは、
卵管に何かしらの異常がある人には
分割胚移植はせず、
原則的に胚盤胞移植になります。

これはこのクリニックが提唱している、
一つの仮説に基づいた不妊治療の方針なのですが。。。

今回はOffice Kuniiから動画に撮って
説明してみました。
6分間という短い動画になります。
ご興味のある方は以下よりご確認ください↓

 

ブログトップへ

最新予約状況

代表あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のインタビュー

代表國井の不妊専門鍼灸ルーム「OfficeKunii」

患者様のデータ

料金のご案内

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

代表ブログ

スタッフブログ

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ