鍼灸の歴史

・鍼灸医学の起源

今から二千年以上前の古代中国で、鍼灸医学は生まれました。戦国時代の文献には、鍼やモグサを用いた治療(灸)が見られ、また、紀元前2世紀頃の文献では身体を流れる気の経脈に関する記述があります。それから漢代に入ると、現在の東洋医学の理論の基礎であり、バイブルでもある『黄帝内経』が編纂されました。この「黄帝」というのは、古代中国における医薬をつかさどる伝説上の皇帝のことを示しています。

 

・鍼灸の日本への伝来

日本へ伝来したのは正式には6世紀とされています。平安時代から鎌倉時代に至る頃には民間では灸治が盛んになってきました。灸治とは、灸をすえて病や傷を治療することです。安土・桃山時代には、金・銀の鍼を木槌で叩いて打ち込む打鍼術(だしんじゅつ)が誕生しました。この打鍼術が鍼の日本独自の始まりであり、また、後に杉山和一(すぎやまわいち)により発案された管鍼法の先駆けとなっています。そして、江戸時代になり、現在日本で主流の鍼を管に入れて操作する「管鍼法」(かんしんほう)が、盲人の鍼師であった杉山和一によって作られました。

この管鍼法は、杉山和一が刺鍼術(ししんじゅつ)を習得しようとしたが上達せず、山瀬琢一(鍼術の師)に破門を言い渡され実家に帰る途中、江ノ島で偶然石につまずいて転び、その時、竹筒に入った松葉が痛みもなく足に刺さったという偶然から生まれたものでした。明治時代になると、本格的に鍼灸が広がっていきました。西洋医学が導入されたため日本の伝統医学は非正統医学とされ、鍼灸は主として視覚障害者を対象にした営業資格となりました。その中でも民間療法として鍼灸治療は広く普及しました。

・現代の日本鍼灸

さきほども述べました『黄帝内経』系の古典的なものや、現代中医学の影響を受けた現代中医学的、現代医学がベースになっている現代医学的なものなど、様々な鍼灸が併存しています。鍼灸は様々な症状に有効とされていますが、不妊治療にも有効とされています。

当院は、東京にあり不妊専門となっています。代々木上原駅から徒歩15秒と非常にアクセスが便利です。かつ、東洋医学的立場から流産原因を探り、流産の予防へのアプローチも行っておりますので、不育症・習慣性流産などでお悩みの方は、ぜひ不妊専門の当院にご来院ください。また、新宿、代々木上原近辺の不妊でお困りの方も、当院にお気軽にご相談ください。

譛譁ー莠育エ迥カ豕

豐サ逋る劼諠蝣ア

謇蝨ィ蝨ー
譚ア莠ャ驛ス貂玖ーキ蛹コ荳雁次
1-35-2 荳雁次驫蠎ァ繝薙Ν3F
蜿嶺サ俶凾髢
譛医憺 10:00縲20:00
縲縲蝨 10:00縲18:00
縲縲逾 11:00縲16:00
螳壻シ第律
譌・譖懈律
莠、騾壹い繧ッ繧サ繧ケ
蟆冗伐諤・邱壹サ蜊莉」逕ー邱
莉」縲譛ィ荳雁次鬧 譚ア蜿」縺九i蠕呈ュゥ15遘

隧ウ縺励¥隕九k

莉」陦ィ縺ゅ>縺輔▽

繝。繝繧」繧「謗イ霈

謔」閠讒倥ョ螢ー

謔」閠讒倥ョ繧、繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ

莉」陦ィ蝨倶コ輔ョ荳榊ヲ雁ーる摩骰シ轣ク繝ォ繝シ繝縲薫fficeKunii縲

謔」閠讒倥ョ繝繝シ繧ソ

譁咎代ョ縺疲。亥

繧ケ繧ソ繝繝慕エケ莉

縺昴ョ莉悶ョ逞迥カ縺ァ縺頑か縺ソ縺ョ譁ケ縺ッ縺薙■繧

縺泌コ逕」蝣ア蜻翫♀蠕縺。縺励※縺縺セ縺

髮サ隧ア逡ェ蜿キ縺ッ03-6407-9218縲ゅ#莠育エ繝サ辟。譁咏嶌隲縺ッ縺頑ー苓サス縺ォ

髯「髟キ縺ョ荳榊ヲ翫サ骰シ轣ク繝励メ隰帛コァ

蝨倶コ墓ュ」霈晏ャ蠑冗┌譁吶Γ繝シ繝ォ繝槭ぎ繧ク繝ウ

莉」陦ィ繝悶Ο繧ー

繧ケ繧ソ繝繝輔ヶ繝ュ繧ー

荳榊ヲ翫そ繝溘リ繝シ髢句ぎ縺励※縺縺セ縺

繧ケ繧ソ繝繝募供髮

縲梧律譛ャ荳榊ヲ翫き繧ヲ繝ウ繧サ繝ェ繝ウ繧ー蟄ヲ莨

繧ッ繝ャ繧ク繝繝医き繝シ繝峨〒縺ョ縺頑髪謇輔>縺後〒縺阪∪縺吶

ページ先頭へ