妊娠に向けた生活習慣

妊娠を希望される女性は多く、なかなか妊娠ができない方もいらっしゃいます。妊娠しても流産をしてしまうというケースもあります。流産を3回以上繰り返すことを「習慣流産」といいます。
当院でも習慣流産や不妊症でお悩みの方が鍼灸による施術を受けて妊娠しやすい身体づくりを行っております。妊娠しやすい身体づくりでは普段の生活習慣も重要になってきます。女性だけではなく男性も協力して乗り越えていくことで、夫婦の仲も深まるでしょう。
こちらでは、妊娠を希望するにあたって夫婦で気をつけて欲しい生活習慣についてご紹介いたします。

 

お酒はなるべく控える

女性はお酒の摂取量が多くなるほど生理不順や排卵障害などを招いてしまい、妊娠する確率が低くなってしまいます。不妊は女性だけではなく男性にも原因があるとされ、アルコールの過剰摂取は男性ホルモンのバランスが大きく乱れて精子の減少を招いてしまいます。

タバコを吸わない

喫煙は不妊に対する関係が男女共に深いもので、女性の喫煙は卵子や子宮に影響を及ぼし妊娠しにくくなってしまいます。また、体外受精の場合にも受精率が低くなってしまう可能性も考えられるのです。男性の喫煙は精子の減少や精子の運動能力の低下に繋がりますので、男女共に禁煙を心がけることをおすすめします。

入浴で気をつけるポイント

不妊治療を心がけるうえで、冷え性の対策として入浴に視野を向けている方は多くいらっしゃると思います。身体を温めて血流をよくすることは大切ですが、熱いお湯での長時間入浴は控えましょう。上半身が先にのぼせてしまい、子宮や卵巣が位置する下半身を温めることができません。芯から身体を温めるためには38〜40度のお湯での半身浴が効果的といえます。また、男性の場合も熱いお湯での長期間・長時間の入浴をしないようにしましょう。このような行為は、精子を作る働きに影響を与えてしまうことがあります。


不妊に関するお悩みを抱えている方は、当院をご利用してみませんか。
実際に当院の鍼灸を受けられた患者様の声をホームページにてご紹介しておりますので参考として、ぜひご覧ください。当院は新宿からもアクセスしやすい代々木上原駅から徒歩15秒の場所にございますので、不妊に関してお悩みがある方はお気軽にご来院ください。

譛譁ー莠育エ迥カ豕

豐サ逋る劼諠蝣ア

謇蝨ィ蝨ー
譚ア莠ャ驛ス貂玖ーキ蛹コ荳雁次
1-35-2 荳雁次驫蠎ァ繝薙Ν3F
蜿嶺サ俶凾髢
譛医憺 10:00縲20:00
縲縲蝨 10:00縲18:00
縲縲逾 11:00縲16:00
螳壻シ第律
譌・譖懈律
莠、騾壹い繧ッ繧サ繧ケ
蟆冗伐諤・邱壹サ蜊莉」逕ー邱
莉」縲譛ィ荳雁次鬧 譚ア蜿」縺九i蠕呈ュゥ15遘

隧ウ縺励¥隕九k

莉」陦ィ縺ゅ>縺輔▽

繝。繝繧」繧「謗イ霈

謔」閠讒倥ョ螢ー

謔」閠讒倥ョ繧、繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ

莉」陦ィ蝨倶コ輔ョ荳榊ヲ雁ーる摩骰シ轣ク繝ォ繝シ繝縲薫fficeKunii縲

謔」閠讒倥ョ繝繝シ繧ソ

譁咎代ョ縺疲。亥

繧ケ繧ソ繝繝慕エケ莉

縺昴ョ莉悶ョ逞迥カ縺ァ縺頑か縺ソ縺ョ譁ケ縺ッ縺薙■繧

縺泌コ逕」蝣ア蜻翫♀蠕縺。縺励※縺縺セ縺

髮サ隧ア逡ェ蜿キ縺ッ03-6407-9218縲ゅ#莠育エ繝サ辟。譁咏嶌隲縺ッ縺頑ー苓サス縺ォ

髯「髟キ縺ョ荳榊ヲ翫サ骰シ轣ク繝励メ隰帛コァ

繧ケ繧ソ繝繝輔ヶ繝ュ繧ー

荳榊ヲ翫そ繝溘リ繝シ髢句ぎ縺励※縺縺セ縺

繧ケ繧ソ繝繝募供髮

縲梧律譛ャ荳榊ヲ翫き繧ヲ繝ウ繧サ繝ェ繝ウ繧ー蟄ヲ莨

繧ッ繝ャ繧ク繝繝医き繝シ繝峨〒縺ョ縺頑髪謇輔>縺後〒縺阪∪縺吶

ページ先頭へ