妊活に良い食生活

食事 近年「妊活」という言葉が流行しています。妊娠しやすい体づくりをすることは、不妊症対策には欠かせません。鍼灸やお灸、サプリメントなどで体調を整えるのも良いですが、その状態を維持するためには日頃の生活が大きなポイントとなります。
私たちの体は睡眠や食事、運動といった生活習慣の影響を大きく受けます。妊娠を希望されているご夫婦は、生活習慣を見直すことを意識しましょう。
こちらでは、妊活中に良い食生活についてご紹介します。

 

ジャンクフードは控える

現代には多くの食品があふれています。ファストフードやコンビニ弁当は、いつでも簡単に購入することができます。便利ですが、これらの食品には多くの添加物や保存料が含まれています。添加物や保存料は自然界に存在しないものであり、体内に取り込まれた毒素を分解するために肝臓を酷使することになります。肝臓で上手く分解されなかった毒素は徐々に体の中に蓄積され、体調を崩す原因になることもあります。

 

そしてジャンクフードに欠かせないフライドポテトも注意が必要です。油で揚げた食品は時間が経つと酸化して活性酸素を生み出してしまいます。活性酸素は老化と関係の深い成分です。ホルモンの分泌にも影響を及ぼす可能性があるので控えることをおすすめします。

体を温める食事をする

排卵後の女性は妊娠に備えるために高温期に入ります。体温を維持することで子宮内膜に受精卵が着床しやすくなります。この高温期をできるだけ良い状態で保つことが妊娠には大切です。高温期の体温を下げないように、体を温める食事を心掛けましょう。

食事には体を冷やすものと温めるものがあります。黒米やもち米、かぼちゃやにんにく、人参、生姜、カツオ、イワシ、鮭などの食材がおすすめです。果物ではりんごやあんず、ぶどう、プルーンなどがおすすめです。バナナやパイナップル、グレープフルーツは体を冷やしてしまいます。 また、子宮内膜を厚くふかふかにするためには多くの血液が必要になります。血液を作るレバーなども積極的に摂取することをおすすめします。 ケーキなどスイーツに含まれる砂糖も体を冷やしてしまいます。妊活中のおやつにはナッツやアーモンド、ドライフルーツなど、自然食品を選ぶと良いでしょう。


体に良いといっても、我慢して続けることはストレスになってしまいます。自分のライフスタイルと向き合いながら、無理なく妊活していきましょう。 当院は東京渋谷区、代々木上原駅近くにある鍼灸院です。不妊でお悩みの方はぜひご相談ください。

譛譁ー莠育エ迥カ豕

豐サ逋る劼諠蝣ア

謇蝨ィ蝨ー
譚ア莠ャ驛ス貂玖ーキ蛹コ荳雁次
1-35-2 荳雁次驫蠎ァ繝薙Ν3F
蜿嶺サ俶凾髢
譛医憺 10:00縲20:00
縲縲蝨 10:00縲18:00
縲縲逾 11:00縲16:00
螳壻シ第律
譌・譖懈律
莠、騾壹い繧ッ繧サ繧ケ
蟆冗伐諤・邱壹サ蜊莉」逕ー邱
莉」縲譛ィ荳雁次鬧 譚ア蜿」縺九i蠕呈ュゥ15遘

隧ウ縺励¥隕九k

莉」陦ィ縺ゅ>縺輔▽

繝。繝繧」繧「謗イ霈

謔」閠讒倥ョ螢ー

謔」閠讒倥ョ繧、繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ

莉」陦ィ蝨倶コ輔ョ荳榊ヲ雁ーる摩骰シ轣ク繝ォ繝シ繝縲薫fficeKunii縲

謔」閠讒倥ョ繝繝シ繧ソ

譁咎代ョ縺疲。亥

繧ケ繧ソ繝繝慕エケ莉

縺昴ョ莉悶ョ逞迥カ縺ァ縺頑か縺ソ縺ョ譁ケ縺ッ縺薙■繧

縺泌コ逕」蝣ア蜻翫♀蠕縺。縺励※縺縺セ縺

髮サ隧ア逡ェ蜿キ縺ッ03-6407-9218縲ゅ#莠育エ繝サ辟。譁咏嶌隲縺ッ縺頑ー苓サス縺ォ

髯「髟キ縺ョ荳榊ヲ翫サ骰シ轣ク繝励メ隰帛コァ

繧ケ繧ソ繝繝輔ヶ繝ュ繧ー

荳榊ヲ翫そ繝溘リ繝シ髢句ぎ縺励※縺縺セ縺

繧ケ繧ソ繝繝募供髮

縲梧律譛ャ荳榊ヲ翫き繧ヲ繝ウ繧サ繝ェ繝ウ繧ー蟄ヲ莨

繧ッ繝ャ繧ク繝繝医き繝シ繝峨〒縺ョ縺頑髪謇輔>縺後〒縺阪∪縺吶

ページ先頭へ