• ホーム
  • >不妊とアルコールの関係

不妊とアルコールの関係

妊娠したらアルコールは控えたほうが良い、ということが一般的に知られています。
こちらでは、さらに詳しく不妊とアルコールにはどのような関係についてご紹介します。

 

アルコールは控えるのが望ましい

不妊治療中の飲酒については様々な意見があり、「アルコールは控えるべきだ」「アルコールを摂取しても大きな影響はない」などの見解に分かれています。不妊とアルコールの因果関係について、はっきりとした事実は証明されていないのが現状です。しかし、アルコールが不妊に及ぼす影響について、過度な飲酒は月経不順や排卵障害、生殖能力を低下させるおそれがあるとのデータが報告されています。

また、かなりの量のアルコールを摂取するカップルは、あまり摂取しないカップルに比べて出産に至る確率が低く、受精率も低いという研究報告もあるようです。過度のアルコールは健康状態にも影響しますし、男性の生殖機能に影響を及ぼすという調査結果もあります。妊娠を望むなら、男女共に飲酒は控えることが推奨されます。

 

アルコールと薬の同時摂取に注意

注意したいのが、アルコールと薬の同時摂取です。お酒と薬を一緒に摂取すると、通常よりも薬が強く作用する場合があります。また、慢性的に飲酒をしている状態では、薬が効きにくくなる可能性もあるのです。
アルコールの分解が優先されるために、薬の分解が妨げられてしまうことがあります。

不妊治療で薬を服用されている方は、アルコールとは同時に摂取しないほうが望ましいでしょう。
お酒にはストレスを和らげる効果もありますので、適量を心がけて生活に取り入れることは良いと思います。
アルコールは適量を守り、過度な飲酒は避けるようにしましょう。

 

妊娠を希望される方は、ぜひ当院をご利用ください。口コミでも注目されている不妊鍼灸で、東洋医学の観点から働きかけを行います。代々木上原駅から徒歩15秒の好立地で、新宿からのアクセスも便利です。
鍼灸についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
火〜金 10:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 10:00〜17:00
  祝 10:00〜16:00
定休日
月曜日
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

スタッフ紹介

患者様の声

メディア掲載

料金のご案内

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

スタッフ募集

ページ先頭へ