• ホーム
  • > 不妊鍼灸 >
  • 不妊鍼灸治療の流れ

不妊鍼灸治療の流れ

はじめに
ご来院される前に以下のことにご注意ください。 
・クリニックに通院されている方はご自身の治療歴を把握してきてください。
・飲酒されてのご来院は治療をお断りさせていただきます。  
・当院の鍼灸治療では舌診(舌をみること)をさせていただきます。治療前、カレーやコーヒーなど舌に着色する飲食物をとられますと正確な舌診の障害になりますので避けてください。 
・初診時は来院されてからお帰りになられるまで2~3時間かかります。あらかじめお時間に余裕があることを確認してからご予約ください。
※どうしてもそこまでのお時間をとれない方はご相談ください。
問診票に記入

いままで取り組まれてきた不妊治療内容・現在取り組まれている不妊治療内容などを記入していただきます。
また、不妊という主訴以外にも、現在感じることのある日常生活上の症状や、食生活、便通、睡眠の状態など200以上の質問(選択様式)からなる問診票に記入していただきます。
患者様の現在のお身体の状態を詳細に把握することが東洋医学的診断の精度を高めますので、正確な情報をご記入ください。

カウンセリング

記入していただいた問診票をもとに、詳しくお話を伺っていきます。
クリニックにもかかられている方には、どういった治療をされてきたのか等も詳しく伺わせていただきます。
また、患者様が東洋医学的に現在どういった状態にあるのかを探るため、一見不妊とは関係のなさそうなこと(ストレスや睡眠、食生活やお通じの状態など)も詳しく伺わせていただきます。日常生活でのちょっとした出来事が東洋医学では病態把握の重要なヒントとなります。
初診は必ず完全個室で行っておりますので安心して些細な事でもお話しください。

お着替え

上下ともお着替えを用意しています。 
前はファスナー、後ろはマジックテープになっていて、施術上必要最小限の露出ですむようにしていますので安心して施術が受けられます。 
※下着をつけたままで施術を受けていただけますが、キャミソールと一体型の下着などは正確な診察・治療の妨げとなりますのでご遠慮ください。

視診・触診

着替えが終わりましたらさらに詳しくお身体の状態を知るために、東洋医学における視診・触診をしていきます。
手首の脈に触れ(脈診)、舌・お腹をみて(舌診・腹診)、手足・背中にあるツボに触れ、カウンセリングでお聞きした情報と体表に現れている状態を照らし合わせて、患者様の現在の東洋医学的な病態の把握をさらに深めたうえで治療方針を決定します。 東洋医学的立場からみた患者様のお身体の状態・決定した治療方法(鍼を施す場所)などはその場で説明させていただきます。不安や疑問がある場合は遠慮なくお話しください。

治療

使用する鍼は全て滅菌済みのディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)です。感染の危険はありませんのでご安心ください。また、鍼は髪の毛ほどの細さですので痛みはほとんど伴いません。
お身体の状態によっては灸も併用し治療します。火傷をつくらない方法でお灸をしていきますので心地よい熱さです。

※どうしても鍼の刺激が苦手な方には、国産セイリン社製の世界一細い鍼(※蚊の針ほどの細さ。)を使用しています。それでもダメな方には刺さない鍼で治療することも可能ですのでご相談ください。

お会計

会計時に今後の治療方針や治療期間、理想的な治療頻度、普段日常生活で気をつけていただきたい事などについてお話しします。

※当院では必ず領収書を発行しています。当院領収書は医療費控除の対象となりますので大切に保管してください。

お灸の宿題

毎日自宅でお灸をすえていただくことをおすすめする場合があります。その時々の患者様のお身体に適するツボをお教えします。
当院に来た時だけでなく、自宅にいるときでも日々セルフケアしていただくことで体質改善を早めます。

※東洋医学的にお灸が不適応と思われるような状態だと判断した方にはおすすめしておりません。

当院卒業の目安は妊娠12週~16週まで。

無事妊娠に至られても、そこがゴールではありません。胎嚢確認、心拍確認、9週、12週、安定期(16週)と、陽性判定後もいくつもの関門が待ち受けています。流産は誰にでも15%もの確率で起こりうるもので、40歳を過ぎればその確率は40%にもなるとされています。辛い不妊治療の末、やっとの思いで妊娠反応がでた後に流産を経験された方の喪失感は、本当にはかり知れません。
初期流産の多くは胎児の染色体異常によるもので、これは防ぎようのないものですが、それ以外の原因による流産は起こしてはなりません。
東洋医学の世界では、妊娠前から妊娠後にかけてお身体の状態をバランスよく保つことが、流産予防につながると考えます。当院では陽性判定後も12週まで、また、高齢の方や過去に流産のご経験がある方には16週までを目安に通院されることをお勧めしております

  • 「不妊鍼灸に力を入れる理由」
  • 「不妊専門クリニックを受診した事がない方へ」
  • 「鍼灸でどう不妊治療をするのか」
  • 不妊専門クリニックの治療に不妊鍼灸を併用
  • 「卵質について」
  • 「不育症・習慣性流産に対する鍼灸治療」
  • 「男性不妊に対する鍼灸治療」
  • 「不妊鍼灸の治療の流れ」

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 11:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 11:00〜17:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
年中無休
※GW・お盆・年末年始を除く
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ