• ホーム
  • > 不妊鍼灸 >
  • 不妊鍼灸をお考えのあなたへー体外受精編

不妊鍼灸をお考えのあなたへー体外受精編「体外受精を目指しているあなたへ院長國井からのお手紙です」

  • これから体外受精を始めるにあたって少しでも良い身体づくりをしたい
  • AMHが低いため焦っている
  • 採卵をしても空胞や変性卵になってしまう
  • 胚の分割が途中で止まってしまう
  • グレードの良い分割胚や胚盤胞を移植しても陰性になってしまう

当HPにたどり着いたあなたは以上のようなお悩みを抱え不妊鍼灸を探していたのだと思います。
ご安心ください。当院には上記のようなお悩みをお持ちの方が数多く来院しています。
そしていままで本当に多くの方々がそのお悩みを克服し、クリニックも当院も卒業しています。

まずは体外受精と並行して当院の不妊鍼灸を受けられた方の声をご覧ください

38歳女性

國井先生、ご無沙汰しております。お世話になりました○○です。
ご報告が遅くなりましたが、〇月〇日に無事男の子を出産しました。
不妊治療は、検査、タイミング療法を1年続け、人工授精を2回失敗し、体外受精も4回移植を失敗した時点で転院し、心機一転頑張ろうと思っても、2回の採卵とも空胞で非常に落ち込んでいた時、同時期に不妊治療をして、妊娠した友人がくにい治療院をすすめてくれたのが、受診のきっかけでした。
國井先生とお話をするうちに、まずは体を休めて妊娠する体を作ることをしようという気持ちになり、お世話になることを決めました。休みがとりにくい仕事についていたため、仕事もセーブし、家でうつうつとしてしまうことも多かったのですが、くにい治療院に週1回のペースで通い、先生に不安な気持ちを聞いていただいたり、適切なアドバイスをいただいたりすることで、つらいことの多い不妊治療を続けられました。
その結果、通院をはじめて2ヶ月目の体外受精で妊娠、現在無事に出産することができました。國井先生には感謝してもしきれません。
國井先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

院長から一言

この方はまず、刺激系の採卵で複数の卵が採れ、4回移植を試みたのですが全て陰性に終わり、新宿の自然周期系のクリニックに転院したのですが、そこでも2回続けて空胞(※自然周期とクロミッド周期)という結果に終わり、ご友人の紹介で当院に来院されました。
当院通院開始後、翌周期に同じクリニックで同じクロミッドにて採卵したところ、成熟卵と未成熟卵がそれぞれ複数採れ、一つを新鮮初期胚で移植し、そのまま陽性判定。また、一つを胚盤胞で凍結できました。
クリニックでの治療法は変えていないのにここまで結果が異なったのは、少なからず当院の不妊鍼灸がお役にたてたのではないかな、と自負しております。

39歳女性

受診した理由
家から遠くなく、値段も特別に高額ではなく、指名制度がある事。
改善した症状
イライラする事が激減した。いつもならここで激高するはず、と思う所で頭に血が上る感じが無く、とても不思議な気分になったのを覚えています。
受診して良かったと思う所
一番はやはり妊娠できた事。不妊治療お休み中の自然妊娠は、受診していたからこそと思っています。
これまで不妊治療の一つとして3件の鍼灸院に通いましたが、実感できる変調はありませんでした。そんな理由でくにい治療院へ転院したのですが、初回から明らかな反応を感じ(日焼けだと思っていた頭皮の赤みが無くなったり、驚くほど眠くなったり等)、やっと信頼できる鍼灸院を見つけられたと嬉しくなった事を覚えています。
その他として、國井先生の笑い声が常に気持ち良く響いていた所。
何気ない事にも笑って下さるので、笑いのハードルを下げて下さっているのかとも思いましたが、ともあれ毎回気持ち良く帰宅することができました。
本当に、大変お世話になりました。ありがとうございました。
益々のご活躍を祈っております。

院長から一言

この方は有名な不妊専門クリニックに通院されていて、すでに凍結胚が複数ある状態で当院に来院されました。結果的に当院通院開始後1回目の凍結胚移植は残念な結果に終わりましたが、その後、また移植に向けての身体作りをしているお休み周期中に自然妊娠されました。
思いもよらない妊娠。クリニックでの心拍確認のご報告をいただけたときは私も本当に本当に嬉しかったのを覚えています。
その後、無事安定期に入られました。

39歳女性

不妊治療開始から3年、特にこれといった悪い所が見つからないまま、タイミング法から人工授精、体外受精とステップアップしていくも一度も着床せず、途方に暮れていた所で出会った「くにい治療院」でした。
まずは、國井先生の丁寧な初診で自分の体の状態を知る事ができ、東洋医学と西洋医学それぞれのアプローチの仕方や、病院選び、漠然とした悩みや不安も話すことができて「ここに通ってみよう!」と納得した上で通院することができました。
もう不妊治療はやめようかな…なんてあきらめモードだった私に、長年通っていた病院からの転院を勧めていただき、その転院先の診療に合わせた鍼灸の施術をしてもらって、結果的に2回目の移植で妊娠することができました。
妊娠できたのは國井先生との出会いのおかげだと思っています。
痛みがほとんどない少ない鍼での治療も私には合っていましたし、施術だけじゃなく、くだらない話で盛り上がったり、不安や愚痴、時には不妊治療をしている友達の話まで聞いてもらったりして精神的にリラックス出来た事も大きかったと思います。本当に本当にありがとうございました!!! 安定期までお世話になり、現在は臨月を迎え、来月出産予定です。また出産の報告ができますように無事に産まれてくることを祈るのみです

院長から一言

この方は当院来院時、クリニックですでにかなりの回数の採卵と移植を繰り返されていました。当院通院開始後も同じ不妊専門のクリニックで体外受精にトライしましたが、残念ながら陰性となりました。その後、不妊鍼灸を通じてこの方とたくさん話をする中で、長年通ったクリニックを転院することに決められました。
結果的にこれが大きな転機となりました。
「不妊鍼灸が効き、卵質が上がった頃だった」とも言えなくはないのかもしれません(笑)が、そんなことを言うつもりはありません。やはり体外受精の精度は妊娠に直結します。
こんなことを言ってしまっては鍼灸師として失格なのかもしれませんが、患者さんの望みが叶うキッカケになれるのであれば、それは別に鍼灸じゃなくてもいいのです。
陽性報告を聞けたときは、心の底では泣くほど嬉しかったのを今でも覚えています。

あなたが妊娠できない原因は◯◯?

もしもあなたが過去に体外受精を何度か繰り返されているとしたら、妊娠しない理由としてどんな原因を医師より指摘されていますか?
多くの方は卵子の質の低下を指摘されているのではないでしょうか。
また、これから体外受精を始める方も、AMH(抗ミュラー管ホルモン)が低いことによりクリニックからステップアップを勧められたのかもしれませんね。
AMH自体は卵子の質を直接反映するものではありませんが、そもそも卵子の数が残り少ないことが示唆されますので、質の良い卵子も少ない可能性がある、と言えます。
年齢が30代後半を過ぎてくると、多くの方がクリニックでこの卵子の質の低下を指摘される確率が高くなります。

ご存知の方も多いと思いますが、女性はこの世に生まれた時から新しい卵子が作られることはありません。
初潮から閉経まで、およそ35〜40年もの間、月に1度排卵しますが、その卵子(卵胞)は排卵の数周期前に眠りから目覚めているだけで、新たな卵子が作られているわけではないのです。
つまり、女性は年齢を重ねれば重ねるほど卵子も同じだけ年を重ね、それ自体が卵子の質を低下させるという見解が現代生殖医療のスタンダードな考え方になっていて、晩婚化が進む日本で不妊に悩む方が増え続けている大きな原因はこれだとされています。

でも、本当にそれだけなのでしょうか??

まず第一に◯◯を見直すこと!

クリニック間での技術格差が非常に大きい

まず認識しておかなくてはならないことは、体外受精はクリニック間での技術格差が非常に大きいということです。
当院に初めて来院される方の多くが、この事実の重要性を本当の意味で認識していません。
これは“病院”というと「どこにかかっても基本的には同じ医療を受けることができる」といったイメージが強く根付いてしまっているからかもしれません。
不妊医療はその需要の増大から、体外受精などの高度生殖医療を行えるクリニックが増え続けています。
クリニックとはいえひとつひとつの企業のようなものですから、生き残りのために自院のクリニックの妊娠成功率を上げるため、競争が生じています。
まず、あなたが現在通われているクリニックが本当に高い技術水準で体外受精を行っているクリニックなのかどうかを見直す必要があるかもしれません。

“あなたが妊娠・出産するためにはどうすればいいか”

もしもあなたがいま体外受精をしてもなかなかお子さんを授かれていない状況で、医師よりその原因を“卵子の質の低下”と言われているのだとしたら、クリニックを転院することであっさりと妊娠されるケースを過去に何度も見てきたくにい治療院としては、必要であればクリニックを今一度見直すことを強く勧めたいと思っています。

もちろん当院の主たる責務は“鍼灸を通じてあなたが今よりも妊娠しやすい身体に近づけること”です。
しかし、鍼灸治療のみにこだわるのではなく、
“あなたが妊娠・出産するためにはどうすればいいか”
にフォーカスし、不妊鍼灸以外の面も含め、ご来院される方を最大限サポートするのがくにい治療院です。

では、「クリニックは今のままで問題ないはずなのに結果につながっていない」
場合、卵子の質の低下が原因だとしたら、もうどうすることもできないのでしょうか。
そんなことはありません。

昔は超高齢出産の数が現代の◯倍だった

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 11:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 11:00〜17:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
年中無休
※GW・お盆・年末年始を除く
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ