「不妊鍼灸って実際どうなの?」患者様のインタビュー

院長國井

Tさん、本日はお忙しい中お時間をつくっていただきありがとうございます。

担当者北井

ありがとうございます。

いえいえ。

患者様:Tさん

院長國井

それではさっそく始めさせていただきますね。よろしくお願いします。

担当者北井

よろしくお願い致します。

よろしくお願いします。

患者様:Tさん

今までの不妊治療歴について

院長國井

まず始めに妊活を始められた時期はいつ頃でしたか?

2015年の春からですね。

患者様:Tさん

院長國井

差し支えなければ、ご結婚されたのはいつですか?

(妊活開始の)1年前です。

患者様:Tさん

院長國井

2014年にご結婚されて、その翌年春から妊活を始められたと。最初からクリニックの方にはかかられました?

かからなかったですけど、2・3か月でもう諦めてすぐに病院に行ったんです。年齢的な焦りや、もともと子宮内膜症もあったので。

患者様:Tさん

院長國井

クリニックに行かれて、最初は検査を一通り?

とりあえずそこでは卵巣年齢を調べる検査(AMH)をしてもらって、それがよくないということがわかって。

患者様:Tさん

院長國井

なるほど。

最初に行ったクリニックは普通の産婦人科だったんですけど、不妊専門のところへ行った方がいいと言われ、すぐに○○クリニックに転院しました。

患者様:Tさん

院長國井

◯◯クリニックに転院されて、はじめにしたことは何でしたか?

子宮卵管造影など、いわゆる不妊で行なわれる検査を一通りしましたね。

患者様:Tさん

院長國井

その結果はどんな感じでした?

片方の卵管が詰まり気味ということでした。主人側はとくに悪くないという感じでしたね。

患者様:Tさん

院長國井

なるほど。○○クリニックに行かれてからはどんな形で治療が始まりましたか?

4ヶ月くらいはタイミングを診てもらって。4ヶ月過ぎて人工授精を1回して、その後は先生方にもすぐに体外受精に進んだ方がいいと言われて。

患者様:Tさん

院長國井

お医者さんの方から言われて?

あ、そうですね。すすめられて私もその気分に。すぐに体外受精になりましたね。

患者様:Tさん

院長國井

すると初めて採卵されたのはいつぐらいですかね?

2016年1月が初めての採卵でしたね。

患者様:Tさん

院長國井

はじめての採卵はどんな方法で誘発して、どんな結果だったか覚えていますか?

レトロゾールという薬を飲んで、何度か注射をしてって感じです。分割胚を複数と胚盤胞を凍結できて。でも、その次の周期に分割胚をお腹に戻して、これがダメで。凍結胚がある中で、また採卵したんです。その時は新鮮で戻して。でも結局それも着床せず。5月頃に、1月の採卵で凍結していた胚盤胞を移植しました。

患者様:Tさん

院長國井

その結果はいかがでしたか?

これが陽性になったのですが、今度は6週で流産してしまいました。

患者様:Tさん

院長國井

それは本当にお辛かったですよね。

流産しちゃったあと、9月に子宮内膜症の手術をすることにしました。手術をすると、左の卵巣嚢腫がある方から卵がとれなくなる可能性もあるとのことで、その前にまた採卵をしました。この時は薬を使わずに自然周期で採卵をして凍結できて。

患者様:Tさん

院長國井

手術は腹腔鏡ですか?

そうです。

患者様:Tさん

担当者北井

そして手術後の12月にまた、凍結胚を移殖されたんでしたよね。

そう。でもこれは残念ながら陰性で。5月の凍結胚移植が陽性だったので、期待してたんですよね、12月は。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

うんうん。

すごく期待してたんですけどダメで…。何かをしないとと思って。そんな時にインターネットでくにい治療院さんが目にとまって。陰性結果が出て間もなく。2017年の1月でしたね。

患者様:Tさん

くにい治療院へ通院開始

院長國井

もともと不妊専門の鍼灸院を探されて見つけたかたちですか?

どうだったのかな…

患者様:Tさん

院長國井

何かしないと…と色々検索をされててっていう中で、だったのですかね。

そうですね、もう携帯ばかり見ていた時期があって(笑)。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

(笑)

それまでは、漢方も続けてたんですけど。そんなに体の冷えも治ってなくて。こちらのHPをみて「何かが変われるかもしれない」って思って。

患者様:Tさん

院長國井

なるほど。くにい治療院の存在を知ってからはもう、即ご連絡いただけた感じですか?

即ですね(笑)。

患者様:Tさん

担当者北井

早かったですよね(笑)

今日できますかって(電話して)。

患者様:Tさん

担当者北井

お電話から2時間後くらいにはいらっしゃっていましたもんね。

院長國井

そうだったんだ!北井先生が当日初診に入れるのは珍しい。運命ですね(笑)

担当者北井

すごい覚えています。お昼に電話いただいて、確か14時にいらしてましたもんね。

そうですね(笑)。陰性結果が出て、ちょうど生理を待ってるくらいの時期で。

患者様:Tさん

院長國井

くにい治療院は初回のカウンセリングに十分な時間を設けることを一つの大きな特徴としているのですが、カウンセリングはどんな印象を受けられました?

詳しくこんなにも時間をかけてもらって不妊治療のことを話せる場所ってないので。本当良かったですね。たとえばクリニックとかだと、何か疑問に思ってても、先生にそんなに時間を割いていただくことは難しいので。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

うんうん。

FSHでしたっけ?「ホルモンは血流を介して伝わってるんですよ」って言われて。なんかその言葉がピーンときて(笑)。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

(笑)

担当者北井

なかなかFSHとか、ホルモンの名前は複雑でよく分からないですもんね。

院長國井

そこらへんの疑問も解消できて。

そうですね、はい。とにかく鍼灸って本当に良さそうと…。
とにかく本当に「体質改善したい」って意欲がすごく湧いてきましたね。あと、やっぱりそんなに人に話せたことがなかったので、カウンセリングを終えた後は精神的にも楽になりました。

患者様:Tさん

院長國井

なるほど。カウンセリングの後は鍼灸治療を受けられて、実際に痛みだったりお灸の熱さだったりっていうのはどういった印象を持たれました?

全然大丈夫でした。むしろすごく心地よい感じで。

患者様:Tさん

院長國井

終わった後の体の感覚とかって覚えてますか?初めて受けられた時の。

足先がすごくポカポカしてて。

患者様:Tさん

担当者北井

そうでしたね、確か当日もすごく寒かったですもんね。

院長國井

そっか、1月ですもんね初診は。北井先生の方から自宅でできるアドバイスとかはしました?

担当者北井

少し歩く時間を増やすようアドバイスしました。あと、自宅でお灸をすることを勧めましたね。

院長國井

あ、なるほどなるほど。お家でね。Tさんは自宅でのお灸は初めてだったんですか?

そうですね。自分でお灸するのは初めてでしたね。

患者様:Tさん

院長國井

難しかったですか。

あ、全然難しくなく。やりやすくて。

患者様:Tさん

院長國井

わりとじゃあその辺も毎日続けられた形で?

そうですね、はい。

患者様:Tさん

担当者北井

けっこう3日坊主になってしまう方もいらしゃる中で、Tさんは真面目に毎日されていましたね笑

院長國井

実際、通院しだしてからの体調面の変化っていうのは感じましたか?

もともと頭痛持ちだったんですけど、すぐに回数が減ってきて。

患者様:Tさん

院長國井

うちいらっしゃる前はどのくらいの頻度で?

結構な頻度でした。2日に1回か、ほぼ毎日ってくらい。それがこちらに通いだしてから、1週間に1回くらいしか気にならなくなって。

患者様:Tさん

院長國井

それはかなり大きい変化ですよね。

はい。本当に驚きました。

患者様:Tさん

くにい治療院への通院を始めたのちの不妊治療の経過

院長國井

その次の周期が始まってからはクリニックの治療はどうされたんですか?

生理がきてすぐにまた体外受精をすることにしました。

患者様:Tさん

院長國井

そうするとあれですね、当院に通院されて間もなく採卵周期に入ってたということですね。

担当者北井

刺激は確かまたレトロゾールと注射でしたよね。

はい。採卵して3日後に新鮮で移植しました。

患者様:Tさん

院長國井

そしてその結果が、、、

はい、おかげさまでこれが陽性で。現在も継続しています、、、本当に鍼のお陰です!(笑)。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

(笑)

院長國井

、、、すみません、何か言わせてるみたいになってしまって笑

妊娠が発覚してから

院長國井

妊娠判定後も継続してくにい治療院に通われていますよね。妊娠中の体調面はいかがですか?

担当者北井

やっぱり、妊娠初期は薬が多かったのもあって、ちょっと頭痛が復活しちゃいましたよね…

あぁ、そうだったんです。流産防止の注射が辛くて。

患者様:Tさん

担当者北井

それに加えて移植後からは黄体ホルモンの服用薬と膣座薬、あとエストラーナテープも追加されてましたからね。

全部…。薬漬けの毎日でした(笑)。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

(笑)

院長國井

現在は妊娠何週になられます?

20週に入って。ようやく6か月目ですね。

患者様:Tさん

担当者北井

入りましたね、ようやく。

妊娠が分かっても、1度流産を経験しているので手放しでは喜べなかったですね。やっぱり妊娠初期は病院に行く日が近づいてくると不安からか肩がガチガチになってきちゃって。

患者様:Tさん

担当者北井

そう。本当にガチガチでしたよね(苦笑

緊張がすごくて。

患者様:Tさん

担当者北井

「病院に行くのが不安で」と仰っていましたもんね。

はい。ただやっぱり、ここ(くにい治療院)へ来ると不安なこととか色々お話しして、北井先生が何でも答えてくださったので。そういう意味では妊娠後も大きな支えとなってくれました。

患者様:Tさん

院長國井

うんうん。それは当院が理想に置いているところの一つですので、そう言っていただけるのは非常に嬉しいですね。

担当者北井

そうですね。

本当に助かりました。

患者様:Tさん

最後に一言

院長國井

Tさん、本日はインタビューにお応じていただきありがとうございました。最後になりますが、不妊鍼灸を受けることを迷われていらっしゃる方に一言いただけますでしょうか。

ここに来ることで大きな安心感を得ることができました。技術の高い鍼灸治療で身体をよくしていただいたことはもちろんなのですが、やっぱり妊活についてお話しできる場が週一回あることも、とても大きかったような気がしています。思いつめていた時に、なんていうか精神的な面でも話を聞いてもらうことで安定してきますし、身体の面でも本当に目に見えて変化を実感できるっていうのは初めてだったので…妊活中の方には全員にやってほしいです(笑)。

患者様:Tさん

院長國井 担当者北井

(笑)

担当者北井

そう言っていただけて私たちも本当に嬉しいです。元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

院長國井

あらためまして本日はありがとうございました。

その後、Tさんからは無事に元気な赤ちゃんを出産された報告をいただきました。

※効果には個人差があります

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 11:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
日曜日
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のインタビュー

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ