院長の不妊・鍼灸プチ講座。院長國井が〝不妊治療〟や〝鍼灸〟の世界をわかり易く動画で解説

クリニック選びの重要性

くにい治療院は開院以来、不妊症のお悩みを持った多くの患者様を治療してきました。
その患者様のほとんどは、クリニックでも不妊治療を受けられている方々でした。不妊治療中の患者様に寄り添い、不妊鍼灸を通じてコミュニケーションを重ねていく日々の中、浮かび上がってきた一つの事実があります。それはどこのクリニックで不妊治療を受けるかによって、患者様の未来は大きく変わるということです。
とくに現代の不妊医療において最も高度な治療法となる体外受精は、想像以上にクリニック間での技術格差や推奨している方法の違いが大きいのです。

患者様からお話を伺うと「通いやすさ」を理由にクリニック選びをされている方が少なくありません。自宅から近い、会社から近い、待ち時間が少ない、などです。
ストレスを極力減らして不妊治療を行うことは、東洋医学的観点から見ても非常に重要です。しかし、上記理由で選んだクリニックの技術や方針が自身に合わず、なかなか妊娠に結びつかなかった場合、結果的にはそれ以上に大きなストレスが蓄積されていくことになってしまいます。
ストレスから開放される一番の答えは、当然ながら「妊娠」です。

初来院時に43歳だったAさん。不妊治療歴としては、5回の採卵と3回の移植を同じクリニックで受けていました。結果はすべて陰性です。当院初診後に間もなく受けた6回目の採卵は残念ながら空胞という結果に終わりました。

私「Aさん、クリニックを転院されるお考えはありませんか?」

自然周期採卵を提唱している、不妊治療経験のある方なら誰もが聞いたことがあるであろう都内の体外受精専門クリニック系のお話をしました。Aさんはご自身の判断ですぐに転院を決めました。しかし、転院先での初診を終えてから当院に来院されたAさんは少し不満気でした。
Aさん「以前通っていたクリニックの先生はすごく人柄もよく、看護師さんや受付の方も優しくて良かったのですが、転院したクリニックは待ち時間も長く、先生や受付の方の態度も酷く嫌な感じでした。この先が不安です。」
しかしAさんは、転院先のこのクリニックでの初めての体外受精で妊娠し、その後元気な赤ちゃんを産んだご報告を頂けました。

Aさんに転院を提案したクリニック。ひとつ断らせていただくと、ここをただ闇雲に、全ての患者様に勧めているわけではありません。このクリニック系列で結果がでないことに苦しみ、刺激系の採卵を行うクリニックに転院されて妊娠された方もいらっしゃいます。ただ、ご自身に合ったクリニックを選ぶことが最も重要なのです。
Aさんが過去に行っていた採卵6回は、ある程度刺激をした周期3回と自然周期2回、低刺激周期(hMG注射2回)1回でした。
ある程度刺激をした周期3回で移植に至ったのは1回。
自然周期2回で移植に至ったのは2回。
低刺激周期1回で移植に至ったのは0回。
医師も、刺激をしても採卵数が見込めないと判断したのか、直近の3回は自然周期採卵を試みていました。最後の一回は卵胞の成長が遅かったためか、hMG注射を2度使用していました。
「自然周期での体外受精の方がAさんには合っている可能性が示唆される中、自然周期採卵に特化していて、かつ培養技術が高いことで有名なクリニックに移られたほうが、Aさんにとっては妊娠する確率を高めることになるのではないか」
私個人として抱いた気持ちを素直にお話させていただいたのです。

同じ体外受精でも、クリニックにより特徴は様々です。
・ある程度、誘発剤を使用して数多く採卵することが確率を上げるという考え方のクリニック。
・自然周期採卵の方が卵子の質を損なわないという考え方のクリニック。
・D3のFSHが高値だと採卵を見送るクリニック。
・D3のFSHが高値でも採卵を試みるクリニック。
・移植日の内膜の厚さを重視するクリニック。
・移植日の内膜の厚さをそれほど重視しないクリニック。
・極力、初期胚で移植をするクリニック。
・胚盤胞まで分割が進まないと移植を行わないクリニック。

これは不妊に特化した鍼灸院として、様々なクリニックに通う患者様とフラットな立場で日々接する中で、蓄積されていった情報です。どちらが正しい・正しくないといった話ではありません。どんな病や症状にも言えることですが、正解はあくまでも結果論でしかわかりません。

不妊症であれば、妊娠した時に初めて
「このクリニックでの、この治療法が私にとっての正解だった」
と結果的に言うことができます。
まず、実績のある技術の高いクリニックで治療することは大前提として、ひとつのクリニックでなかなか結果に結びつかない場合は、他の方法を推奨しているクリニックに転院することが解決につながることが数多くある、ということは当院が度々目の当たりにしてきた事実です。その際には、年齢や、過去の治療歴とその結果などを鑑みて、リスクを極力抑えた上で転院先を選ばれることが望ましいです。

もしも今、あなたがなかなか結果がでないことに悩まれているようでしたら、どうぞ当院にご相談にいらっしゃってください。
あなたの過去の治療歴も詳しく伺わせていただき、今までに当院を訪れた患者様方からインプットしたあらゆる情報から、あなたに相応しいと思われる情報をアウトプットし、今後の治療方針をご一緒に考えさせていただきます。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 10:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 11:00〜17:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
年中無休
※GW・お盆・年末年始を除く
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ