院長の不妊・鍼灸プチ講座。院長國井が〝不妊治療〟や〝鍼灸〟の世界をわかり易く動画で解説

原因不妊の原因は??

詳しい解説

クリニックで一通り検査を受けても不妊原因が見つからなかった場合、原因不明不妊と診断されます。しかし「原因不明不妊=不妊原因がない」ということではありません。
検査では、そもそも調べることのできる不妊症の原因が限られているのです。
排卵された卵子が卵管に取り込まれない『ピックアップ障害』、精子と卵子が出会っても受精しない『受精障害』、卵子の質が影響し受精卵の成長が途中で止まってしまう『分割ストップ』などは、体外受精に進んでみて初めて明らかになる不妊原因です。現代の不妊医療において“最も高度な治療”となる体外受精は、見方によっては“最も高度な検査”ということもできるのですね。 それでも、この先、体外受精に進むつもりは一切無い方や、まだ年齢が若く、しばらく自然妊娠を目指したい方は、体質改善に取り組まれることをやはりお勧めします。

上記した、検査ではわからない隠れた不妊原因を仮に持っていたとしても、その原因をパスできた周期を迎えることで、自然妊娠する可能性は否定できません。不妊鍼灸はその可能性を底上げする存在にもなりえます。
※また、年齢がある程度若い方の場合は体外受精の前に腹腔鏡検査を勧めているクリニックもあります。お臍の下に小さな穴をあけて内視鏡を挿入し、子宮や卵管・卵巣を直接見ることができる検査です。これにより卵管周囲の癒着などが見つかった場合は、これを剥離することで妊娠率が上がるとされています。これはピックアップ障害をパスできる周期が増える結果だと思われます。

ですが、妊娠できる“確率”を最優先に考えた場合、やはり体外受精は不妊治療において有効な手段だということができます。
もしも「体外受精をしてでも授かりたい」といったお気持ちが少しでもあるのなら、妊娠を望まれてから現在までの期間と、ご自身の年齢を考慮したうえで、体外受精も視野に入れられたほうがよいでしょう。
体外受精と鍼灸治療を併用すると着床率が上がるという事実もいまや不妊医療において常識となっています。お気軽にご雑談ください。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 10:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 11:00〜17:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
年中無休
※GW・お盆・年末年始を除く
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ