一般鍼灸

鍼灸は肩こり・腰痛・神経痛など、いわゆる“痛み”の症状のみに用いるものだと認識されている方が少なくありません。
しかし、鍼灸の適応範囲は実際にはずっと広く、様々な症状にアプローチが可能です。
多くの方が悩まれる症状で、鍼灸の適応となるものを以下にご紹介します。

婦人科症状
生理痛・生理不順・月経前症候群(PMS)・更年期障害など、女性特有の症状にも鍼灸は非常に有効です。
西洋医学での薬が効かない方、薬の副作用が強く出てしまう方、薬を服用し続けることに抵抗のある方などは、鍼灸治療による根本改善をぜひ試してみてください。
運動器症状に
肩こり・腰痛・五十肩・座骨神経痛など、マッサージではなかなか効果があがらなかった場合に鍼灸を選択される方も多いのが運動器症状です。
五十肩や座骨神経痛はもちろん、慢性的な肩こり・腰痛もその場かぎりの改善ではなく根本改善を目指します。
※当院はビルの3階にありますが、エレベーターがございません。予めご了承ください。
消化器症状
胃痛・腹痛・お腹の張り・食欲不振・便秘・下痢などの消化器症状にも鍼灸が著効する例は少なくありません。『病院に行っても異常は見つからないけれど、これらの症状が慢性化してしまっている』といった現代人が非常に増えています。多くはストレス・飲食の不摂生・運動不足などが引き金となっています。東洋医学的立場から身体を見つめなおし、鍼灸と養生によって本来のお腹を取り戻しましょう。
心の不調に
うつ、パニック障害、自律神経失調症などにも鍼灸は有効です。
『心身一如(しんしんいちにょ)…心と身体は一つである』という考え方が東洋医学の根底にあります。過度のストレスなどにより心が疲弊してしまうと、必ずなにかしらの症状が身体にも現れるのです。逆に鍼灸で身体のバランスを整えていくことができれば、疲弊した心も自然と快方に向かい安定感が出てきます。
原因不明の症状に
病院に行っても原因がわからない症状には、西洋医学とは別の角度から身体を見つめる東洋医学を試す価値が充分にあると思います。お悩みの症状の東洋医学的な原因を探り、鍼とお灸で自己治癒力を高めて症状改善を応援します。

このように鍼灸は様々な症状にアプローチを試みることが可能です。
身体に鍼やお灸をすることで、上記のような症状が改善していくことは到底信じられない方も多いと思いますが、WHO(世界保健機構)は実際に下記の症状に鍼灸の有効性を認めています。

WHO(世界保健機構)鍼灸適応疾患

神経系疾患
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患
神関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患
気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

証を決定して、証に対して鍼とお灸でアプローチをしていき、
患者様の『心身のバランス』を整えていきます。

なぜ鍼灸であらゆる症状にアプローチすることが可能なのでしょうか?
東洋医学は、西洋医学とは全く異なる視点で人体を見つめます。人体の構造を機械のようにとらえて形態の異常(血液検査やレントゲンでわかる異常)が起こっている部位に直接アプローチする西洋医学に対して、東洋医学では人間を大自然の一部ととらえて季節や気候など自然との関わりも考慮しながら気の歪みを探り、気の流れを整えます。
科学中心の現代でこそ医療の主役は西洋医学ですが、明治時代までは鍼灸・漢方などの東洋医学が医療の中心でした。つまり日本には、あらゆる病や症状に対して鍼とお灸でアプローチをしてきた長い歴史があるのです。
血液検査もなければレントゲンもない時代、東洋医学ではどんな病・症状でも、カウンセリングによって得られる情報と、身体の外にみられる他覚的所見に着目し、診断を行っていました。
カウンセリングにおいては患者様の主訴とはまったく関係の無さそうなもの(例:食事、睡眠、お通じの状態など)まで事細かに伺います。
他覚的所見の診察については舌診(ぜっしん)、脈診(みゃくしん)、腹診(ふくしん)などがあります。
身体の“中”で起こっている異常を直接伺う技術が無かった時代だからこそ、身体の“外”からいかに中の異常をとらえるか、ということに神経を注ぐ医学が東洋医学です。誰でもわかりやすい所で言えば、お酒を飲み過ぎれば翌朝の舌には厚い苔(コケ)ができますよね。緊張する状況下では脈は速くなります。寝不足が続けば目の下にクマができて顔色が冴えません。身体の“中”で起こっている異常(気のアンバランス)は必ず“外”に反映されるはず、といった考えのもとに、カウンセリングと他覚的所見をすり合わせながら身体を診ていくのです。
カウンセリングと他覚的所見によって導きだされた東洋医学的な診断名を証(しょう)と言います。
証を決定して、証に対して鍼とお灸でアプローチをしていき、患者様の『心身のバランス』を整えていきます。
その日・その時の辛さをできる限り取りのぞくことにも重点を置きますが、それが当院の治療目的ではありません。初診時にカウンセリングで生活背景を伺わせていただくことで、なぜその症状が出現してしまったのかを東洋医学的に分析し、継続的な鍼灸治療と養生指導によって、あなたの本来持っている自然治癒力を最大限引き出すことをお手伝いして根本改善を目指していきます。

症例

当院には婦人科症状で来院される方が多いため、症例も交えて以下にご紹介します。

月経とは一般に、約一ヶ月の間隔で起こり、数日で自然に止まる子宮からの周期的な出血をさします。ホルモンの分泌異常や、卵巣・子宮のホルモンに対する反応性の低下、その他原因疾患がある場合等により、生理不順や無月経となることがあります。

西洋医学では排卵誘発剤やホルモン剤による薬物療法、原因疾患が見つかった場合はその治療を行います。しかし、薬を服用し続けることに抵抗がある方、薬の副作用が出てしまう方、原因疾患の治療に抵抗がある方などには、現在の西洋医学的アプローチでは対応が難しいのが現状です。

当院の鍼灸治療では、その患者様が生理不順や無月経を起こしている原因を東洋医学的に分析し、東洋医学に基づいた鍼灸治療をしていくことで多くの効果をあげています。 また、西洋医学での治療を続けながら当院の鍼灸治療を併用することも可能です。 お悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。
イメージ

患者

33歳女性

病歴

それまで定期的にきていた生理が突如止まる。病院にいきホルモン療法を受け生理が来るも、薬をやめるとまた止まる。これからに不安を抱いていた頃に知人の紹介で当院を知り、生理が止まってから9ヶ月後に来院。

東洋医学的診断

カウンセリングから、生理が止まる一年前より仕事・プライベート両面で多大なストレスがかかっていたこと、それまで快調であったお通じが滞るようになったこと、こめかみ部分に度々頭痛が起こるようになったことがわかる。
脈診、腹診、舌診、手足・背中のツボの状態をみた上で、東洋医学的に『肝鬱気滞(かんうつきたい)』により起こったものと診断。

治療経過

本人の意思で薬を一度やめ、しばらく鍼灸のみで治療を続けることとなる。週一度のペースで治療開始。
4診目の来院時には便秘・頭痛ともにあまり気にならない程度まで改善する。
8診目の治療後、薬をやめてから初めて微量の出血。一日で出血は止まり、以後また無出血の状態が続くも、11診目の治療後に本格的な生理がくる。

月経前症候群(PMS)とは、月経数日前(高温期の間)より起こる精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともにその症状が減退・消失するものを言います。発現する症状には個人差があり、多様に及びますが主なものとして
・精神的症状・・・イライラする、怒りっぽくなる、抑うつ状態になる、悲観的になるetc
・身体的症状・・・頭痛、乳房の張りや痛み、腹部膨満感、手足の浮腫(むくみ)etc
が挙げられます。 西洋医学では、挙児希望の無い方には低用量ピルの処方により排卵を抑えることで症状改善を試み、多くのケースで効果が期待できるようです。しかし、低用量ピルでも症状が改善しない方、低用量ピルで副作用が出てしまう方、ピルに抵抗がある方、そもそも挙児希望がある為ピルを服用できない方などには、現在の西洋医学的アプローチでは対応が難しいのが現状です。

当院の鍼灸治療では、その患者様がPMSを起こしている原因を東洋医学的に分析し、東洋医学に基づいた鍼灸治療をしていくことで多くの効果をあげています。 また、西洋医学での治療を続けながら当院の鍼灸治療を併用することも可能です。 お悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。
イメージ

患者

28歳女性

病歴

22歳の頃より、生理一週間前から頭痛・下腹痛が起こるようになる。生理前数日間はイライラも強い(月経がくるとそれら症状はすみやかに治まっていく)。年々酷くなるため24歳で婦人科受診。ピルを処方され症状が治まる。26歳で結婚。そろそろ子どもが欲しくなったため半年前にピルをやめる。以後、前述の症状が周期ごとに戻りつつあるため悩んでいたところ、知人に紹介されD5(※生理開始から5日目)で当院を受診。

東洋医学的診断

カウンセリングから、22歳で社会人になって急にストレスが強くなったこと、大学までしていた運動を一切しなくなったこと、また、結婚後は仕事を辞めるも、主婦業がストレスになっていることがわかる。 脈診、腹診、舌診、手足・背中のツボの状態をみた上で、東洋医学的に『気滞血瘀(きたいけつお)』により起こったものと診断。

治療経過

週一度のペースで治療開始。
3診目来院時(D20)、予測では生理一週間前頃だったが、頭痛はしない。下腹部は痛くはないものの違和感あり。
4診目来院時(D28)、生理が近いはずだがイライラがそれほどでもないと驚かれる。頭痛もない。下腹部にはややチクチクした痛みあり。
5診目来院時(D7)、結局前回施術後翌日に生理くるも、PMS症状はいつもに比べてかなり楽だったと報告受ける。
8診目来院時(D1)、前回生理前もかなり楽に過ごせたと報告受ける。術者・患者ともにかなり身体が良くなってきていることを実感できているので治療を二週に一度のペースに減らす。
15診目来院時(D43)、妊娠発覚。

月経困難症とは、月経に随伴して起こる病的症状で、月経直前あるいは開始とともに下腹部痛・腰痛・腹部膨満感・吐き気・頭痛などが強く発現し、日常生活に支障をきたすものを言います。月経困難症は原因疾患のない機能性月経困難症と、器質的疾患(子宮内膜症・子宮腺筋症・子宮筋腫etc)が原因となって症状をきたしている器質性月経困難症に分けられます。

西洋医学では、機能性月経困難症に対しては発痛物質であるプロスタグランジンの合成阻害薬や平滑筋弛緩薬、低用量ピルの処方などにより効果をあげています。器質性月経困難症に対してはそれらと同時に原因疾患の治療を行います。
しかし、薬でも症状が改善しない方、薬の副作用が出てしまう方、薬に抵抗がある方、原因疾患の治療(Opeなど)に抵抗がある方などには現在の西洋医学的アプローチでは対応が難しいのが現状です。

当院の鍼灸治療では、その患者様が月経困難症を起こしている原因を東洋医学的に分析し、東洋医学に基づいた鍼灸治療をしていくことで多くの効果をあげています。 また、西洋医学での治療を続けながら当院の鍼灸治療を併用することも可能です。 お悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。
イメージ

患者

40歳女性

病歴

もう何年もの間、酷い生理痛に悩まされる。生理前~生理中にかけて、下腹部・鼡径部・太もも全面に激痛が走る。生理開始から3日間は寝込まずにはいられず、1日に4度も座薬を使うほど。
病院では子宮内膜症と診断され、それによる強い生理痛と説明される。ホルモン療法か子宮内膜症の手術を勧められ、ホルモン療法を試すも強い副作用が出てしまいすぐに断念。 その後の生理ではあまりの痛さに救急車を2度も呼んでしまうほどで、いよいよ手術に踏み切るしかないのかを真剣に悩む。

そんな中、たまたま当院HPに辿りつき、D21(※生理開始から21日目)で受診。

東洋医学的診断

カウンセリングから、もともと胃腸があまり強くなかったこと、生理前後には必ず胃腸の調子も崩すことがわかる。また、過去~現在にかけて大きなストレスを抱えていることもわかる。
脈診、腹診、舌診、手足・背中のツボの状態をみた上で、東洋医学的に『肝脾不和(かんぴふわ)』により起こったものと診断。

治療経過

D21・D22・D23・D26・D28に鍼施術。
施術を重ねるごとに、みるみる身体が良くなっていくことを術者・患者ともに実感でき、D28の5回目の施術翌日に生理開始。 今までは生理開始から3日目までは寝込んでいたが、軽度の生理痛のみで1日も寝込むことなく、また、薬を一切使わず生理を乗り切ることができる。

更年期とは、生殖期(性成熟期)と非生殖期(老年期)の間の移行期をいい、一般的には閉経の前後数年間をいいます。卵巣機能低下による卵巣ホルモン(エストロゲン)減少が引き金となって、器質的疾患が無いにもかかわらず、自律神経失調を中心とした様々な症状を呈するものを更年期障害といいます。発現する症状には個人差があり、多様に及びますが主なものとして
・精神的症状・・・怒りっぽくなる、抑うつ状態になる、悲観的になる、焦燥感etc
・身体的症状・・・ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗)、動悸、頭痛、手足の感覚鈍麻、耳鳴、疲れやすい、不眠、肩こりや腰痛の悪化etc
が挙げられます。
西洋医学では、ホルモン療法や向精神薬の処方などによってアプローチを試みます。しかし、薬に抵抗がある方、薬の副作用が出てしまう方などには現在の西洋医学的アプローチでは対応が難しいのが現状です。
当院の鍼灸治療では、その患者様が更年期障害を起こしている原因を東洋医学的に分析し、東洋医学に基づいた鍼灸治療をしていくことで多くの効果をあげています。
また、西洋医学での治療を続けながら当院の鍼灸治療を併用することも可能です。 お悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。
イメージ

患者

48歳女性

病歴

二年ほど前からときどき急な上半身のほてりと発汗が起きるようになる。三か月前より生理がきていない。三週間前より仕事からの帰宅後の気分の落ち込みが顕著になる。知人の紹介で当院を知り来院。

東洋医学的診断

カウンセリングから、職場で管理職の立場にあるため常にプレッシャーにさらされていること、一ヶ月前にご家族が体調を崩されて心配だったことがわかる。また、吐き気を伴う肩こりがあること、数年間寝つきが悪いこと、夜にたびたびトイレで目が覚めることがわかる。
脈診、腹診、舌診、手足・背中のツボの状態をみた上で、東洋医学的に『心肝気鬱(しんかんきうつ)』『腎陰虚(じんいんきょ)』により起こったものと診断。

治療経過

週二度のペースで治療開始。
1診目の治療後の夜、寝つきが非常によく、トイレでも目が覚めなかった。翌日からはまた徐々に戻ったとのこと。気持ちの落ち込みは不変。
4診目来院時、気持ちが落ち込まない日がでてきたと報告を受ける。肩の凝り方も寛解し、寝つきも良くなってきて、トイレで目が覚める回数も明らかに減ってきたとのこと。
6診目来院時、上半身のほてりと発汗が著しく減ってきたと報告を受ける。熟睡感も出てきたとのこと。術者・患者ともに初診時よりもかなり身体が良くなってきていることを実感できているので治療を週一度のペースに減らす。
13診目、初めて一週間で一度も気持ちが沈まなかったと報告を受ける。夜も寝つき良く、トイレで目覚めることなく、よく眠れているとのこと。

治療の流れ

はじめに
はじめに
ご来院される前に以下のことにご注意ください。 
・現在服用中のお薬がありましたらご持参ください。また、医療機関にかかられたときの検査結果等お持ちでしたらご持参ください。
・飲酒されてのご来院は治療をお断りさせていただきます。  
・当院の鍼灸治療では必ず舌診(舌をみること)をさせていただきます。治療前、カレーやコーヒーなど舌に着色する飲食物をとられますと正確な舌診の障害になりますので避けてください。 
・初診時は来院されてからお帰りになられるまで2~3時間かかります。あらかじめお時間に余裕があることを確認してからご予約ください。
※どうしてもそこまでのお時間をとれない方はご相談ください。
問診票に記入

一番のお悩みの症状(主訴)はもちろんのこと、現在感じることのある日常生活上の症状や、食生活、便通、睡眠の状態など200以上の質問(選択様式)からなる問診票に記入していただきます。
患者様の現在のお身体の状態を詳細に把握することが東洋医学的診断の精度を高めますので、正確な情報をご記入ください。

カウンセリング

記入していただいた問診票をもとに、詳しくお話を伺っていきます。
クリニックにもかかられている方には、どういった治療をされてきたのか等も詳しく伺わせていただきます。
また、患者様が東洋医学的に現在どういった状態にあるのかを探るため、一見主訴とは関係のなさそうなこと(ストレスや睡眠、食生活やお通じの状態など)も詳しく伺わせていただきます。日常生活でのちょっとした出来事が東洋医学では病態把握の重要なヒントとなります。
初診は必ず完全個室で行っておりますので些細な事でもお話しください。

お着替え

上下ともお着替えを用意しています。 
前はファスナー、後ろはマジックテープになっていて、施術上必要最小限の露出ですむようにしていますので女性でも安心して施術が受けられます。 
※下着をつけたままで施術を受けていただけますが、キャミソールと一体型の下着などは正確な診察・治療の妨げとなりますのでご遠慮ください。

視診・触診

着替えが終わりましたらさらに詳しくお身体の状態を知るために、東洋医学における視診・触診をしていきます。
手首の脈に触れ(脈診)、舌・お腹をみて(舌診・腹診)、手足・背中にあるツボに触れ、カウンセリングでお聞きした情報と体表に現れている状態を照らし合わせて、患者様の現在の東洋医学的な病態の把握をさらに深めたうえで治療方針を決定します。 東洋医学的立場からみた患者様のお身体の状態・決定した治療方法(鍼を施す場所)などはその場で説明させていただきます。不安や疑問がある場合は遠慮なくお話しください。

治療

使用する鍼は全て滅菌済みのディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)です。感染の危険はありませんのでご安心ください。また、鍼は髪の毛ほどの細さですので痛みはほとんど伴いません。
お身体の状態によっては灸も併用し治療します。火傷をつくらない方法でお灸をしていきますので心地よい熱さです。

※どうしても鍼の刺激が苦手な方には、国産セイリン社製の世界一細い鍼(※蚊の針ほどの細さ。)を使用しています。それでもダメな方には刺さない鍼で治療することも可能ですのでご相談ください。

お会計

会計時に今後の治療方針や治療期間、理想的な治療頻度、普段日常生活で気をつけていただきたい事などについてお話しします。

※当院では必ず領収書を発行しています。当院領収書は医療費控除の対象となりますので大切に保管してください。

お灸の宿題

毎日自宅でお灸をすえていただくことをおすすめする場合があります。その時々の患者様のお身体に適するツボをお教えします。
当院に来た時だけでなく、自宅にいるときでも日々セルフケアしていただくことで体質改善を早めます。

※東洋医学的にお灸が不適応と思われるような状態だと判断した方にはおすすめしておりません。

最新予約状況

治療院情報

所在地
東京都渋谷区上原
1-35-2 上原銀座ビル3F
受付時間
月〜金 11:00〜20:00
  土 10:00〜18:00
  日 11:00〜17:00
  祝 11:00〜16:00
定休日
年中無休
※GW・お盆・年末年始を除く
交通アクセス
小田急線・千代田線
代々木上原駅 東口から徒歩15秒

詳しく見る

院長あいさつ

メディア掲載

患者様の声

患者様のデータ

料金のご案内

スタッフ紹介

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

院長の不妊・鍼灸プチ講座

國井正輝公式無料メールマガジン

院長ブログ

スタッフブログ「くにブロ」

スタッフ募集

「日本不妊カウンセリング学会

クレジットカードでのお支払いができます。

ページ先頭へ