AMHは判断材料の一つに

カテゴリ:不妊治療の方法

こんにちは、北井です。

本日の天気は快晴で、
気持ちいい一日になりそうです。

でも、
連休明けとしては
おそらく疲れている方が大半かと思われます。

今週末は、
適度に動いて、休養することも大切です。

暴飲暴食も控えると、
消化にかかるエネルギーが軽減されるので、
体力が消耗されずに済みます。
お食事もほんの少し、気を付けてみてくださいね。

————————————————————–

さて。
AMHについて。

この話題、妊活を続ける限りずーーーーーっと
ついて回りますね。

昔よりは情報が増えたこともあり、
良い傾向もありますが、

やはり、
「卵巣年齢」というワードに
引っ張られます。

「AMH…、あまり聞きたくない。。」

今38歳なのに。卵巣年齢45歳。
今44歳で、閉経寸前と言われました。
など。

当院へ初診にいらした患者さまからもよくお聞きします。

AMHは、
発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。
AMH値は、卵巣内にどれくらい卵の在庫が残っているか、
卵巣の予備能力がどの程度かを反映すると考えられています。

不妊治療においては、
もう当たり前に検査する項目になっていますね。

このAMH。
患者さまからもよくお話を聞かれますが、
”AMHが低いからもうそろそろ閉経するかもしれない”
”早く人工授精や体外受精にステップアップした方がいいと言われた”
など。
色々なお話を聞く機会が多いです。

某クリニックでは、
採卵周期にAMHを検査しているところもあります。

それを見ていると、
毎回変動があることが分かります。

AMHって、
変動がないものだと思っていましたが、
私が診させていただいている方は、
1以上変動のある方もいらっしゃいました。

結局、ホルモンと同様にAMHも、
その時その時で変動があります。

妊娠にフォーカスをあてた時に、
AMHがどれだけ関わってくるのかは
関連性があるようでない。

クリニックの先生の見解にもよりますが、
AMHの数値と妊娠可能かは、
直結しないという見方もあります。

確かに、
AMHが低い場合に
のんびり傍観することはよくないかもしれません。
でも、早急にステップアップしなければいけないかというと
あまり関係はないように感じます。

妊娠可能な卵子があるかどうかと、
AMHが低値なことは、
あまり気にされずに捉えていただければと思います。

あくまで、指標なので!

ただその方の治療経過や既往歴によって、
今すぐステップアップすべきかどうかは状況次第です。

AMHのことだけに振り回されず、
状況を判断して治療に役立てて検討いただけたらと思います。

それでは、また来週!

くにい治療院 北井仁美

◇初診半額キャンペーン、5月末まで◇
当院の初診をお得にお受けすることができるチャンスです。
今までの治療でのお悩みや、妊活中のお悩みなど
たっぷりお時間を頂戴し、一番良い形で妊活を進めていく事を
考えさせていただきます。
この機会に、是非ご相談ください。◇
https://kuniichiryouin.com/staffblog/?p=83

◇インスタグラムものぞいてみてください◇
各スタッフの日々のつぶやきを載せています😊
https://www.instagram.com/kuniichiryouin.yyg/?hl=ja

ブログトップへ

スタッフ紹介

患者様の声

患者様のインタビュー

メディア掲載

料金のご案内

代表國井の不妊専門鍼灸ルーム「OfficeKunii」

スタッフブログ

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

スタッフ募集

ページ先頭へ