◯◯でビタミンD摂取

カテゴリ:妊活にいいこと

北井です。

不妊治療のクリニックにて、
「ビタミンD」
を検査するところが増えましたね。

あまりメジャーではないこのビタミン。
ドラッグストアでも
販売されているのを見たことがありません。

不妊治療で注目され、
検査を受けられる患者様が増えました。

食品でいうと、
・シャケ
・しらす干し
・きのこ類
などに多く含まれています。

私が診ていた患者様で、
築地から毎日”あん肝”を取り寄せて
いらっしゃる方がいました。
(痩せていて、
低コレステロールだったので
あえて止めなかったです。)

実はこの”あん肝”が、
ビタミンD含有量トップではあります。

これから冬に差し掛かってきますので、
あん肝を食べる際は
少量召し上がっていただければと思います。
(脂肪の塊なので、
気をつけて食べてください。
摂りすぎは注意です。)

話を戻します。

ビタミンDは、
卵子や精子の形成、
着床・妊娠経過への影響など、
様々な面で生殖と関わっているそうです。

なぜ?と理由がぼんやりしておりますが、
ビタミン濃度が低値の方は
体外受精での妊娠率が低下するという
論文が出ています。
不育症の場合も同様のことが言えるそうです。

食品や、
あとは日光を浴びることでの
皮膚吸収がビタミンD摂取に効果的です。

病院で検査をすることで
より詳細に分かるので、
なかなか妊活が進まない方は
是非受けてみてください。

ブログトップへ

スタッフ紹介

患者様の声

患者様のインタビュー

メディア掲載

料金のご案内

代表國井の不妊専門鍼灸ルーム「OfficeKunii」

スタッフブログ

電話番号は03-6407-9218。ご予約・無料相談はお気軽に

その他の症状でお悩みの方はこちら

ご出産報告お待ちしています

スタッフ募集

ページ先頭へ