COUNSELING不妊カウンセリング

選択肢が多いからこそ、「どうしたらいいか」が難しい現代の不妊治療

くにい治療院を開業し、あっという間に10年が経過しました。 振り返ると、西洋医学的な不妊治療もこの10年間で様々な変化をとげています。

ほんの一部のクリニックでしか行われていなかったAMH検査は広く普及しました。
体外受精は凍結胚移植推奨傾向が強まったことにより、「採卵周期」と「移植周期」が分けられることが多くなりました。 閉経後の乳がんの治療薬だったレトロゾールが排卵誘発剤として使用されることは珍しくなくなりました。

近年では、慢性子宮内膜炎を筆頭とした着床不全に関わる検査実施施設や、胚の染色体異常の有無を事前に調べることができる着床前診断実施施設も急増しました。 そして、2010年に24万件強だった体外受精の実施数は、2017年の時点で45万件弱とほぼ倍増。クリニック自体も急増しています。

端的に表現すれば、不妊治療の選択肢は大幅に増えました
しかしその弊害として、特に都心部で不妊治療に取り組む方々は「どうしたらいいかがわからない」という迷いを生じています

こんな時代だからこそ、誤らない選択を

当院が開院10周年を迎えた矢先の2020年、間違いなく歴史に刻まれるであろう新型ウイルスの世界的大流行が発生しました。

鍼灸院は休業自粛要請の対象外となったとはいえ、相談者様との距離が近い当院の営業も大打撃を受けました。

私も含め、多くの方が価値観の変化を生じたと思います。
この先はすべての分野において「本当に必要なもの」だけが残る、ごまかしのきかないシビアな世界が待っていると予想されます。
自戒の念を込めてですが、これは近年増え続ける一方だった“不妊”を扱う医療や職業も例外ではないでしょう。

価値観の変化が起きてもなお、不妊治療をすると選択されて当院を訪れた方に対し、私ができること。それは精一杯の鍼灸治療の提供とともに、“嘘のない真実を伝えること”です。

増え続けた不妊専門のクリニックですが、当院にいらっしゃる相談者様の治療結果をみてきて、私が個人的にお勧めできる都心部のクリニックは数院ほどです。

なぜ当院は多くの相談者様の悩みを解決できたのか

くにい治療院開院当初は、とにかく“鍼灸の力”で、相談者様の妊娠・出産をお手伝いすることこそが当院の使命だと思っておりました。ですが、この10年を振り返ると、不妊鍼灸と同等に不妊カウンセリングも大きな役割を担ってきたとつくづく感じるのです。

常に情報にアンテナを張り、当院にいらっしゃる相談者様を介して最新の不妊治療動向やクリニック間の成績なども把握し、当院自身が情報のプラットフォームとなったこと。

そして、“増え続けていく不妊治療の選択肢”に迷いを生じている相談者様へ、当院が知りえる確かな情報を提供し、方針決定をお手伝いしてきたこと。 この取り組みが、たくさんの方から妊娠・出産報告をいただけた大きな理由の一つだと間違いなく言えるのです。 相談者様と継続的に接することができる鍼灸だからこそ、

・クリニックやドクターの治療方針
・新しい治療オプションや検査の導入
・クリニックでの体外受精の結果

などの情報が、日々の診療を通して私にインプット、アップデートされ続けていきます。

そして
「いま通院されている◯◯クリニックとは治療方針の異なる□□クリニックを知っているか」
「まだ◯◯の検査を行ったことがないようなので、まずその検査をしてみてはどうだろうか」
「あなたには◯◯の方法を試してみる価値があるのではないか」

など、確かな情報群の中から、その方にとって必要となりえる情報を厳選し提供することができるのです。

繰り返しになりますが、結果的にこれが著効して妊娠・出産に至られたケースは数えきれません

不妊治療は長く続けるものではないからこそ、当カウンセリングを

当院は、提携しているクリニックなどは一切ありません。
どこにも属さないからこそ、フラットな立場で相談者様が本当に必要としている情報をお伝えすることが可能です。

信じられないほどの費用と時間を消耗する不妊治療は長く続けるものではありません。

・子どものいる家庭を手にしたい
・主人をパパにしてあげたい
・親に孫の顔を見せてあげたい
・弟・妹をつくってあげたい

あなたのその思いを、いまから最短で実現するために。
これから不妊治療を始める方は、選択を誤らないための一助として。
すでに不妊治療に取り組んでいる方は、選択を再考するための一助として。


「ご相談者様がもしも私の身内だったら、私は何を伝え、どんなアドバイスをするのか」

常にこの思いを胸に秘め、誠心誠意をもってカウンセリングさせていただきます。

FLOW初診の流れ

1. カウンセリングシート記入
お子さんを望まれてから現在までのあなたの妊活歴を詳細にご記入いただきます。

不妊専門のクリニックで不妊治療をされている方、または過去に不妊治療をされていた方は、ホルモン値の検査結果や採卵・移植に際しての資料などをお持ちのようでしたら一通りご持参ください。
2. 不妊カウンセリング
記入していただいたカウセリングシートをもとに、詳しくお話を伺っていきます。どういった形で妊活や不妊治療をされてきたのかを詳しく伺わせていただき、あなたがこれからどう不妊治療に取り組まれていくことがベストなのかをご一緒に考えさせていただきます。

当院の施術ルームは全てが扉つきの完全個室です。カーテン越しに周囲に話が筒抜けになる心配もありません。プライバシーがしっかり守られますので安心して些細な事でもお話しください。
3. お着替え
上下ともお着替えを用意しています。前はファスナー、後ろはマジックテープになっていて、施術上必要最小限の露出ですむようにしていますので安心して施術が受けられます。

下着をつけたままで施術を受けていただけますが、キャミソールと一体型の下着などは正確な診察・治療の妨げとなりますのでご遠慮ください。
4. 不妊鍼灸
お身体のバランスを整えるにふさわしいツボを選んで施術していきます。
使用する鍼は全て滅菌済みのディスポーザブル鍼(使い捨て鍼)。感染の危険はありませんのでご安心ください。また、鍼は髪の毛ほどの細さ。多くの鍼灸院で扱われるものよりも細いものを使用するため、痛みはほとんど伴いません

お身体の状態によってはお灸も併用し施術します。全て火傷をつくらない方法でのお灸となりますので心地よい熱さです。
5. お会計
会計時に今後の施術方針や施術期間、理想的な施術頻度、日常生活で気をつけていただきたい事などについてお話しします。

次回のご予約もこちらで承れます。当院では必ず領収書を発行しています。当院が発行する領収書は医療費控除の対象となりますので大切に保管してください。
6. お灸の宿題
毎日自宅でお灸をすえていただくことをおすすめする場合があります。その時々のあなたのお身体に適するツボをお教えします。
当院に来た時だけでなく、自宅にいるときでも日々セルフケアしていただくことで体質改善を早めます

※東洋医学的にお灸が不適応と思われるような状態だと判断した方にはおすすめしておりません。

CHARGE料金案内

初診料6,000
國井施術料9,800

※はじめての方は15,800円お支払いいただきます。

※不妊鍼灸も含まれた料金となります。不妊カウンセリングのみのご対応も可能ですが料金は変わりません。

〒 151-0064
東京都渋谷区上原1-35-2 上原銀座ビル3F

受付時間(定休日:水曜日)
月〜金:11:00〜20:00
  土:10:00〜18:00
  日:11:00〜17:00
  祝:11:00〜17:00

ご予約