BLOG院長ブログ

水分の”摂りすぎ”が不妊を招く

LINEで送る
Pocket

昨日はちょっと治療院関連の

用事があって、

久しぶりに渋谷区役所まで行ってきました。

渋谷区役所、

現在建て替え中なんですね。

なので昨日は仮庁舎のほうへ。

 

事前に住所を調べると、

よく行くカフェの前の道を

入っていくところだったので

すぐにわかったのですが、

到着直前に印鑑を忘れたことに気づき、

Uターン。。

無駄に2往復してしまいましたー_ー;苦笑

本当はちょっとカフェに寄って、

アイスココアでも飲みたかったんですけどね笑

その後のスケジュールもややタイトだったので

叶わず。

またの機会となってしまいました。

 

DIESELに併設されている

グロリアスチェーンカフェ。

フリーWiFi完備なので

月1くらいで利用してます↓

※グロリアスチェーンカフェHP

ちょっと小洒落てて良い雰囲気なので

渋谷で空き時間ができた際はぜひ。

 

 

ここのところ雨が多く、

湿度が高いですね。

こんなときは湿邪(しつじゃ)の影響を

受けやすくなります。

 

※湿邪についての過去記事はこちら

 

あいかわらず暑い日が続いていますが、

湿度の高いときは、

あまり余分に水分を摂りすぎてしまうと、

体内の湿邪も旺盛になり、

自然界の湿邪と呼応して、

湿邪特有の症状が

出てきやすくなってしまいます。

 

86d87163e8760a76e7600f20a576e5f3_s

 

また、

脂こいものや甘いものの摂りすぎも

体内の湿邪を旺盛にするもののひとつです。

 

実際に、

あなたも最近、天気が崩れだしてから

・寝ても寝ても眠い

・身体がダルい

・膝から下が重だるくムクむ

・気分が沈みがち

・頭が重い

などの症状を感じているとしたら。

水分の摂りすぎに注意したり、

飲食を節制することをこころがけましょう。

 

 

湿邪は

身体の”下”を侵襲しやすい邪

でもあるので、

溜め込んでしまうと生殖器系にも

悪影響を及ぼすと考えられます。

実際に中医学では、

湿邪を不妊の原因のひとつとしても

捉えていますからね。

 

最近のメディアでは、

「水分は余分に摂っておく分には問題無い」

とアナウンスされることが多いですが、

東洋医学ではそんな風には考えません。

もちろん、

外にいる時間が多く、

汗として水分を消費している人は、

脱水症状を起こす危険性もあるので

この時期は多量の水分摂取が肝要ですが、

基本、冷房の効いた部屋過ごすことが多く

汗をかくこともそう多く無いのであれば、

夏であっても水分の”摂りすぎ”は

よくないこともあるのです。

LINEで送る
Pocket

〒 151-0064
東京都渋谷区上原1-35-2 上原銀座ビル3F

受付時間(定休日:水曜日)
月〜金:11:00〜20:00
  土:10:00〜18:00
  日:11:00〜17:00
  祝:11:00〜17:00

ご予約