BLOG院長ブログ

二人目不妊の原因は?2

LINEで送る
Pocket

b5dc635839ed0259b97df29088a86847_s

 

今日は

昨日のブログの続きを書きたいと思います。

 

一人目はなんの苦労もなく授かったのに、

いざ二人目を頑張ろうと思っても

なかなか授からない、

いわゆる

”二人目不妊”

はなぜ起こるのか。

 

東洋医学的にみて、

大きな原因は2つあります。

 

①1人目の時よりも自身が年齢を重ねているから

これについては西洋医学的にも

”年を重ねると卵子の質の低下を起こしやすい”

とされていますよね。

東洋医学的にも、やはり

年齢を重ねると妊娠しずらくなる

と考えます。

 

ただ、東洋医学の世界ではそもそも

”卵子”

という概念がありません。

顕微鏡がなかった時代の医学ですからね。

 

なので東洋医学では

年齢による妊娠力の低下を

”腎虚(じんきょ)が進むから”

という形に変換して説明することができます。

※腎虚についてはこちら↓
https://kuniichiryouin.com/blog/2016/06/nokotohakangaemasen/ 

 

一般に女性は30歳頃からは

年々妊娠力が低下していきます。

西洋医学では

”卵子の質が低下するから”

東洋医学では

”腎虚が進むから”

といった理由で説明することができます。

 

②丹田(たんでん)のエネルギーを大きく消耗するから

東洋医学の世界では、

ヘソの下を丹田と呼びます。

ここに人間の生命力そのものである

”腎気”

も貯蔵されています。

 

妊娠は、

丹田に莫大な気血が集まっていくこと。

そしてそれが一気に外に出ていくのが

出産です。

 

この時、気血の集合体である赤ちゃんと一緒に、

腎気も一定消耗することになります。

だから産後は

・脱毛

・尿漏れ

・疲れやすい

・関節が痛い

など、

”老化したかのような”

症状が出現しやすくなるのです。

老化現象でみられるような症状は、

東洋医学の世界では

”腎虚の証明”

になりますからね。

※腎虚についてはこちら↓
https://kuniichiryouin.com/blog/2016/06/nokotohakangaemasen/ 

 

 

これが二人目不妊を引き起こす

”東洋医学的な原因”

の代表的なもの2つになります。

※これ以外にもありますが、”代表的なもの”を挙げました。

 

①②どちらも

”腎虚”

が深く関わっていますね。

 

『腎のエネルギーを回復させること』

”東洋医学的な二人目不妊へのアプローチ”

のキーワードになります。

LINEで送る
Pocket

〒 151-0064
東京都渋谷区上原1-35-2 上原銀座ビル3F

受付時間(定休日:水曜日)
月〜金:11:00〜20:00
  土:10:00〜18:00
  日:11:00〜17:00
  祝:11:00〜17:00

ご予約